注意喚起

調教パートナー探しでの怖い体験談

投稿日:2017年9月2日 更新日:

【caution!】今回の記事には一部汚い表現があります。

以前僕のサイトから連絡をしてきたとある女性と、新宿で飲みに行ったことがある。仮に名前をあかりさんとしよう。

問い合わせ内容としては「いつもサイトを楽しく見ています。mukuroさんなら安心できそうなので、吐き出したい話があります。お友達や知り合いには絶対にお話できないような内容なので、一度会って頂けませんか?」

※彼女については少しだけ触れたことがあります。

こんな男性には気をつけてほしい

話の内容が内容なので個室を取り、僕たちは新宿の街で初めて顔を合わせた。

会ってことのない相手に対して、安心感を持つことがあるか?と疑問に思う方もいるだろう。僕は前のサイトを10年近く精力的に更新をしていたし、実際に調教を経験した女性からの書き込みも多かったので、閲覧者の中でも僕の人物像がある程度出来上がっていたのだと思う。

あかりさんは22歳の女性で、就職したての清楚な雰囲気のOLさんだった。

僕たちは仕事終わりに待ち合わせをし、オープンなダイニングバーで一時間程度緊張をほぐした後、予約しておいた個室のお店に入った。

彼女の話は、概ねこんな内容だった。

彼女は大学四年生の時、単位も取り終え授業にもほぼ出る必要がなくなり、暇を持て余していたらしい。その時に前から少し興味のあったSM系のサイトを見ており、たまたま見つけた出会いの掲示板サイトに強い関心を持ってしまい毎晩のように閲覧していたようだ。

興味を抑えきれなくなり、掲示板の中で気になった男性とやり取りをするようになったらしい。メールのやり取りでも非常に紳士で、SMパートナーとしてだけではなく男性として好感を持つようになり、いよいよ会うことになった。

男性からの指示で最初からホテルのそばで待ち合せを行い、合流するとすぐにホテルに入ったとのこと。実際会ってみても、男性は清潔感もあり爽やかな印象を持ったようだ。

あかりさんが事前に提示していたNGは汚いこと・また最初は怖いので嫌がったらすぐにやめるということ。当然男性はNGに対して事前に了承をしていた。

プレイに入る前、あかりさんはシャワーを浴びたがった様だがなんやかんやと理由をつけ、そのまま裸にされ椅子に脚を開いた状態で拘束されたらしい。

「実際部屋に入って二人になってしまうと、怖くても言い出せなくて…」

彼女は泣きそうな顔で続けた。

完全に動けない状態にされた後、男は軽いタッチで愛撫を続けた。不安もあったが、初めて拘束された経験からあかりさんも興奮していたので、このまま楽しめるかな…と思い始めた時だった。

男性は持ってきた鞄から、大きな注射器を取り出した。

あかりさんは自分が何をされそうになっているのかを察知し、必死にやめて欲しいと懇願したようだ。

しかし男性は嫌がっている女性に浣腸をするのがたまらなく好きだと言いながら、洗面器にぬるま湯を溜め、あかりさんの前に置いたらしい。

あかりさんは必死に抵抗したが、無理やり浣腸をされてしまった。

腹痛で我慢ができなくなり。泣き叫びながら「やめてほしい」と懇願したらしい。あかりさんが取り乱した姿にさすがに男性も怯んだのか、何とかその場で漏らす前に拘束は解かれた。

あかりさんはトイレに駆け込んで泣きながら様を足した後、半裸の様な状態で荷物を持ってホテルから出たらしい。生まれて初めてといった剣幕で男性に叫び、フロントに電話して部屋の鍵を開けさせたらしい。

「今でもSM系の動画とかを見るのは好きなんですけど…。やはりあの事があったので実際にするのは怖くて…」

あかりさんは続ける。

「もし友達とかにお話しても、ネットで出会う方が悪いって言われて終わってしまうし、SMへの興味も理解されないだろうし、でも一人で抱えるには辛すぎる経験で…。安心して話せる人が欲しかったんです」

あかりさんは少しだけほっとしたような表情を浮かべた。

そこから僕たちは、普通の恋愛や、SMの話をした。その空間ではNGな話はなかったし、僕は彼女を知りたかった。

SMという特殊な関係を嫌いになって欲しくなかった。本当は楽しくて充実したものだと感じて欲しかった。

そこから二時間ほど楽しい時間を過ごさせてもらい、僕たちは店を出た。

その後は時折連絡を取り合い、SM調教を楽しんだり食事にだけ行くこともある。

SMの関係は特殊なものでリアルな知人にはほとんど言い出せない女性も多いだろう。ネットでの出会いに頼らざるを得ない部分はあるが、パートナーは慎重に選んで欲しい。

せっかくの魅力的な関係が、ただの恐怖体験にかわってしまうリスクがある。女性の場合は、身体が傷つく可能性もある。

もしもSMに関してやパートナー探しで悩んでいるのなら、一度相談をしてみて欲しい。

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

 

-注意喚起

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主従関係は自分を守ることから始まる

主従関係は自分を守ることから始まる。 主従関係を持った人たちを見ていると、奴隷が主人に対して調教以外の相談をしている場面をよく見かける。 これは僕と奴隷の間にも顕著な話で、就職・人間関係・家庭環境など …

眼を開いた時に

  纏まらない文章を書く。   僕も含めたS男性はM女性に「これまでマゾの性癖を隠してきた」ことを望む。 それはSMや調教においてまだ誰の価値観も刷り込まれていないことを願い、自分 …

関係が上手くいかないのはすべて奴隷が悪い

このように奴隷を叱る男性がいる。   先日、Twitterで画像のようなツイートをした。 M女からの悩み相談は日々送られてくるが、突き詰めると同じ悩みを持っている女性がとても多いことに気づく …

コンテンツを追加しました。

スマホ版の画面だと気づきにくいので一応案内します。 当ブログにコンテンツを追加しました。 記事にしてきたことの簡略版になり、適宜修正して運営します。   当ブログから経験できる調教 当ブログ …

SM・主従関係に関する情報の受け取り方

僕は従者と調教やSM以外の話をしているのが好きだ。 本や映画や、思考や嗜好についての何気ない話で時間を埋めていく。 面白い友人の話や会社であった出来事など、何も特別ではない話題が何故か特別に感じられる …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。