日記

休みの日が終わる

 

休みの日が終わる。

僕の生活のサイクルは、基本的には会社員としての生活でスケジュールが決まる。

夜の時間や土日祝日を使って原稿や依頼された記事を書き、作家としての仕事を全うする。

この話をするとよく「どこで休んでいるのですか?」といった言葉をかけられる。

しかし作家としての仕事は極めてスローペースで、締切が近づいている時期以外はのんべんだらりと仕事をこなしている。

その為、土日祝日に関しては記事を進めながらもしっかりと体を休める事ができる環境だ。

基本的に僕は、必要な買い物や家事は午前中に終わらせてしまいたい。

土曜日は夜に人と会う約束があったので、午前中に済ませた洗濯物を(帰りが遅くなるだろうから)室内に干した。

空腹を感じた頃に珈琲を淹れながらフライパンに卵を落とす。先にボイルしていたソーセージと皿に盛り、ヨーグルトと一緒に簡単な朝食を済ませた。

買い出しを済ませた後、音楽を流しながらソファに横になり、本を開いた。夜に外食することを考え、僕は午後に再び訪れるだろう空腹を読書と音楽で誤魔化す事にした。

残念ながら、僕は顔もスタイルも人並みだ。せめて身体を引き締める努力をすることにしたのだ。

太陽が隠れ始めた頃、僕は外出の準備を始める。

身支度を整え、一度部屋の中を見渡す。真っ白に戻った皿、乾いたシャツ、土の湿った観葉植物。

とりあえずは片付いていることを確認し、僕は玄関を出た。

 

休日の質を高めることは、平日の仕事の質を高めると思う。しっかり休めない人間は、しっかり働けない。

そのような気持ちから、僕は休日は積極的に休み、遊ぶ。

休日の過ごし方が上手な女性は美しい。話をしていて飽きない。

生活に刺激を加えてみたい女性からのご連絡をお待ちしています。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

あなたは18歳以上ですか? このサイトは性的表現を含みます。

© 2022 東京 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5