日記

選択の自由と吐き出す場所

投稿日:2017年12月16日 更新日:

 

https://smblog.jp/2017/12/03/舐め奉仕奴隷

以前調教を経験したゆりだが、すっかり調教にハマってしまった様だ。

ゆりとはカカオトークでやり取りをしているが、彼氏とのセックスの報告、調教の懇願など定期的に連絡が入る。

ゆりは極めて低姿勢に、また可愛らしく調教希望の連絡を送ってくる。

ゆりに彼氏のセックスと調教それぞれをどう捉えているかを聞いてみると

彼氏とのセックス=精神的な満足

調教=身体的な満足

と答えた。良い使い分けをしているなと思う。

僕は彼氏から女性を奪うつもりはないし、調教によって精神的な満足を得るタイプの女性もいるだろう。

パートナー対して抱いている性的な不満やストレスを、僕で解消できればそれでいい。

もちろん慈善事業をするつもりはないので、不躾な態度を取る人間やあまりにも好みとかけ離れた(具体的には極端に太った方など)誰でも関係を持つ訳ではない。

お互いに選択の自由はある。

ただ僕と接することで長年抱えていた性的な悩みが解消できたり、お互いに楽しめるのであれば気軽にやり取りができたら嬉しい。

関係を結ばずとも、彼氏や旦那を始めとする異性関係やセックスの悩みの相談を送ってくる女性も多い。

このブログを通し、お互いにプライベートな知り合いではないことを活かして色々なことを吐き出してみて欲しい。

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

こんな男性が多いので注意

  注意喚起の記事を書くと都度「自分は違う」と言っている様で本意ではない。 しかしこのブログはM女がより純粋に性生活を楽しめるように書いている為、今日もまた気になったことを書いていきたい。 …

no image

休みの日が終わる

  休みの日が終わる。 僕の生活のサイクルは、基本的には会社員としての生活でスケジュールが決まる。 夜の時間や土日祝日を使って原稿や依頼された記事を書き、作家としての仕事を全うする。 この話 …

no image

行く人 来る人

  2017年も終わる。 今年も多くの女性との出会い、別れがあった。 お互いに離れて良かったと思う女性もいれば、離れた後を案ずる女性もいる。 いずれにせよ、切れた糸はきれいには結び直せない。 …

no image

ご主人様の選び方

  「女性なら誰でも調教できる」 こう言い切る男性には注意が必要だ。 僕も含めた男性には、性に関する嗜好がある。概ねセックスにおいては男性がリードする場面が多い為、男性側の好みのセックスにな …

白夜に手を振って

夜がいつも同じ色であるとは限らない。   精神状態は、視覚に様々なフィルタをかける。 初めて首輪をかけた夜は青白く甘く、首輪がちぎれた夜には暗黒色が視界を満たしていく。 サディストだろうがド …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。