調教記録・体験記事

屈辱的なご褒美(まりえ 22歳)

 

今回の記事はまりえとの2回目の調教について。

前回の調教体験で奴隷としての姿に目覚めた様で、まりえはすぐに2回目の調教を懇願してきた。

忙しい中での日程調整となったが、その結果まりえは海外旅行に行く当日の調教を希望してきた。

その日の僕の仕事の都合で、埼玉のある場所で待ち合わせをした。

時間が取れない中での調教だったので、ホテルのすぐ側で待ち合わせをする。

事前に決めた時間から少し遅れ、まりえは現れた。慣れない街という事もあったが、奴隷が待ち合わせに遅れるとは自覚が足りない。

部屋に入った僕は、まりえに服を脱がせた。そして尻をこちらに向けて四つん這いにし、しつこく尻を平手打ちした。

申し訳ございません、とまりえは何度も情けない声をあげた。

一度まりえを立たせ、ベッドに腰掛ける僕の前に横向きに四つん這いにし、その上で足を組んだ。

足置きとして使用される事に、真性のMであるまりえは興奮していた。

僕はそのまま暫くまりえなど居ないかのように、飲み物を飲んだりスマホを使用していた。

道具のように使用される事を、まりえが悦びとして感じでいるのが伝わってきた。

この後、まりえを犬としてひどく屈辱的な扱いをしたが、それすらもまりえにはご褒美の様だった。

今年から社会人になったまりえだが、きっと暫く調教から抜け出せないだろう。

調教希望の女性はこちらへ

 

-調教記録・体験記事

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5