日記

氷と電球

投稿日:2018年4月22日 更新日:

 

手間のかかることが好きだ。

仕事の時には、時間をかけて作業をすることは好まない。かかった時間や生じた疲労は気持ちの良いものであるが、多くの場合それは自己満足だ。

苦労に対しての成果物がそれなりのものであればいいが、結果が伴わない時にも等しく疲労は訪れる。場合によっては徒労となることもある。

しかし、人間は常々矛盾する生き物だ。

例えば昨日のことである。夕方、その日の深夜は書斎で読書に没頭したいと思い立った。

読みたい本はある。上等なウイスキーもある。しかしウイスキーをオン・ザ・ロックにするための氷がない(冷蔵庫で作られる氷は好まない)。間接照明の電球も一つ切れていた。

僕はその二つを購入するために車を走らせた。

特殊な電球を含め、近所5キロ圏内で大体の買い物は片付く。僕はさっさと買い物を済ませると、マンションに戻って買ってきたそれらを然るべき場所におさめた。

この時点で午後六時。

食事をするには早いし、飲み始めるにも少々早いと思った。

逡巡した結果、思いついていた幾つかのアイデアをまとめる事にした。それは作品に関わる内容でもあるし、ブログの運営に関わることでもある。

ここ最近、僕はアイデアをまとめる時間を取れなかった。発想すること自体は随時、思いついた時にもメモを取っている。しかしそれを実用レベルに昇華させたり、アウトプットする事を行っていなかった。

デスクに向かってノートを開き、メモに取っていたアイデアを具体化していく。

没頭し、気がついたら時計は午後九時を回っていた。

時計を見た瞬間、きっと自分は苦笑いをしていたと思う。暇つぶしに始めたつもりの作業にかなりの時間を割いてしまい、求めていなかった疲労感さえある。

シャワーを浴びよう。そう思った時に、LINEの通知が来ていることに気づいた。

以前に飲み会で知り合った女性からの、飲みのお誘いの連絡だった。

確か25歳の、清楚な雰囲気の女性だった。酔った勢いで、少しだけ作家業の話をしたような気がする。

僕は快く応じる旨を返信し、シャワーを浴びる。身なりを整え、ジャケットを羽織って玄関を出る。

買ってきた氷と電球は役割を果たす事なく、外出する僕を見送った。

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

理想の主従関係を考える

  僕はTwitter(@mukuro_smblog2)もやっているが、そこからこのブログに辿り着き、調教依頼の連絡を送ってくる女性もいる。 Twitterではすでに主従関係を結んでいる男女 …

祈りと幸福

調教を受けると世界は変わる。大層な話だが、そう的外れでもない。   ほとんどの人は成人を迎える時点で、自分なりの物差しを持っている。 常識を理解しているし、常識が果たす役割も知っている。大抵 …

願望が言葉にできない女性は

Twitterや各ブログ等を見ていると、様々なタイプのS男性が存在する。 何かのプレイに特化した男性や、SMとは名ばかりの強引なセックスをするだけの男性。 勿論SMや調教に正解はないので、嗜好の近い者 …

主人が奴隷にできることは少ない

主人が奴隷にできることは、実はとても少ない。 調教を受けたことのない女性の多くは「きっと調教を受ければ今まで誰にも言えずに求めていたものに出会えるだろう」「新しい自分に出会えるかもしれない」そう考えて …

no image

Rain

  僕が主従関係を結んだ女性に伝えることを書きたいと思う。   奴隷の世界は主人によって造られる。 これは決して過言ではなく、すべてを委ねることができるご主人様を見つけたM女には理 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。