日記

女性との距離感、奴隷との距離感。

投稿日:2018年8月14日 更新日:

 

僕は女性と話をする事が好きだ。すごく端的な言い方をすれば、女好きと言って差し支えないだろう。

しかし誰かれ構わず性の対象と捉えたり、飲みに行く=ホテルへ行くことを目的にする時代は過ぎ去った。

というより、誰かれ構わずセックスをしたいというマインドの時期はなかったような気がする。

最初の頃からこのブログを読んで下さっている方はご存知かもしれないが(とはいえ非公開にしてしまった記事も多いので読み返した所で出てこないかもしれない)、僕は高校生の時から自分のホームページで調教パートナーを募集していた。

当時のホームページはざっくり1日2000ユニークアクセス程あった為、男女の比はわからないにせよそれなりの訪問者のいるホームページだった。

※ユニークアクセス:重複するユーザーをカウントしない、実際に何人が訪れたかというカウント

最大で20名程の女性を同時に調教しながら、日々送られてくる新規調教希望者からの問い合わせを精査していた。

不思議な事にネカマのような人はいなかったし、かなり慎重に対応していた為ネットトラブルに巻き込まれるような事はなかった。

それでも恐怖を覚えるような体験はあったし、高校生の自分では金銭的にも経験値としてもトラブルを解決する事は難しいと思っていたので、そもそもトラブルを発生させないという事に徹した。

その結果、本来セックスしたい盛りの高校生であったが、慎重にセックスする相手を選ぶ事を覚えた。

そのリスクヘッジ精神があったせいか、今でも誰かれ構わずヤリたいとは思わない。

関係を持つことでトラブルが予見される方にはお断りを入れる。

中には男性側から断られると思っていなかったのか、僕に罵詈雑言を浴びせて音信不通になる女性もいる。

それでいいと思う。建前やスマートさを気にし過ぎるとお互いに良い結果にはならない。それは関係を持ちたい時にも、持ちたくない時にも。

このブログから問い合わせを頂いてやり取りをして、不快に感じない女性とはいきなり関係を持たなくとも飲みに行って話をしたいと思う。気があったら関係を持てば良いし、合わなければ楽しい夜で終わらせればいい。

僕は主従関係と恋愛は両立しないと考えているので、奴隷に彼氏ができたって構わない。そもそも人妻から調教希望のメッセージが来る事だって少なくない。ここはそういうブログだ。

奴隷になることで恋人を含む様々な人間関係を切る必要はないし、彼氏の前では普通の女の子で居たらいい。彼氏と入籍するまでと期間を区切って主従関係を望む女性もいる。

今関係を持っている奴隷の数人は、結婚後も調教を続けて欲しいと懇願されている。

時期によっては僕にも恋人はいるし、いずれは結婚もするかもしれない。

お互いがここでのルールを理解した上で楽しめればいいと思う。

この関係をどう捉えるかは人それぞれだ。否定的に感じるならばブログを読まなければいい。わざわざストレスを感じに来るマゾヒズムは不要だ。

僕は自分の奴隷達が好きだし、決して恥ずかしい存在だとは思わない。

会っている時の主従関係に心酔していたり、複数いる奴隷の中で一番になりたいと努力をする子もいる。複数の中で価値を見出す子もいるのだ。

僕は相手に応じて主従関係の重さを調整する。結果的に徹底的な管理や服従を望む子ばかりだが、それは僕が押し付けたものではなく自主的なものだ。

調教や主従の世界に興味のある女性は、自分がどんな関係を望むのかを知ってみる意味でも気軽に連絡をしてみて欲しい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信頼とは会えない時間の過ごし方

主従関係を結んでいると、その関係の保ち方について度々議論になる。 代表的なものが会っていない時間の過ごし方や、いわゆる「管理」の方法だ。ここでは主から従者に対する管理について論じる。 毎日の報告や連絡 …

全体は部分の総和ではない

「全体は部分の総和ではない」 これは学生時代に学んでいた心理学の中で出会った言葉で、当時あらゆる事象に共通する真理であるような感銘を受けた。 言葉の解釈については個人差が認められるが、簡単に言うと「部 …

ご主人様はどこまで踏み込むべきか?

以前Twitter上でアンケートを取りわかった事でもあるが、男女ともにフリー(恋人・配偶者無し)の主従関係の割合はとても少ないように思う。 現在僕が関係を持っている従者の中に既婚者はいないが、ほとんど …

ご主人様は絶対か?

初めての主従関係を結んだ時、あらゆるものが新鮮で魅力的に見えるだろう。 「主従関係」に酔いしれ、御主人様から与えられる様々なものに一喜一憂をする。憂いですら調教の一端であるように感じる。 主従関係の始 …

奴隷との関係性について

現在僕は、複数人の奴隷を調教している。 それはブログに写真で登場する女性もいるし、そうでない者もいる。 僕は自分に最も適した形態として「多頭飼い」というスタイルをとっている。 主人は僕ひとりで、複数の …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2018年8月
« 7月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。