日記 注意喚起

眼を開いた時に

投稿日:2019年1月28日 更新日:

 

纏まらない文章を書く。

 

僕も含めたS男性はM女性に「これまでマゾの性癖を隠してきた」ことを望む。

それはSMや調教においてまだ誰の価値観も刷り込まれていないことを願い、自分が初めての主になりたいという願いがある。独占欲という言葉に置換してもいい。

もちろん誰かの奴隷だった女性が手元に来る場合はある。しかし多くの場合奴隷は初めての主人だった人への誠意や、憧れとは異なる主従関係への後悔で二人目を探さない。

男性側は意気揚々と「自分に塗り替えてやる」と嘯(うそぶ)くが、価値観を価値観で否定するのは乱暴だ。奴隷が一人の女性であることを理解していればいるほど、二人目の主人という立場は難しい。僕なら簡単に「忘れさせてあげる」とは約束できない。

 

高校生の時からM女性と接してきた僕が感じる「性癖を隠してきた」は以下のように思う。

これから調教の世界に足を踏み入れる男性にありがちなことだが、男性はSとMとしてやり取りが始まった女性に対し、誰にも言えなかった性癖を自分が暴いたような錯覚に溺れる(時折女性は暴かれたような勘違いをする)。

するとその女性を支配したように見誤り、性欲を発散するだけの調教が続く。女性も最初は新しい刺激に快楽を覚えるが、次第にマンネリズムを感じて反抗もする。

僕は思う。

我々S男性にできることはM女のMである部分に意味を与え、居場所を与えて肯定することだ。叱りつけるのではなく「間違ってないよ」「大丈夫」と説くことだ。

黙っていても、世界からは物音が聞こえてくる。

顕在化しにくい欲求が、次々に入ってくる情報の中で成長していく。それが限界になった時にたまたま出会えたのが自分だったら、眼を見開いた時にそこに居たのが自分だったら、今まで誰にも出会わないでくれてありがとうと言いたい。

 

できる限り、貴女が自分を開放できるような調教を施したいと思う。

 

パートナー探しや実際の調教の中で価値観は変わっていく。しかし基準となる物差しが必要だ。

このサイトから問い合わせても必ずしも僕と主従関係を結ぶ必要はない。もしも迷っているのなら、まずは悩みを吐き出してみて欲しい。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記, 注意喚起

執筆者:


  1. 沙紀 より:

    長くムクロさんのblogを読ませていただいています。ムクロさんはあまり自分の感情や気持ちをblogで書くことがないようにおもうので、今回ムクロさんの気持ちが入っててなぜか、感動しました。そしていつも日本語が綺麗で表現力があって、尊敬しています。

    • mukuro より:

      沙紀 様
      コメントありがとうございます。
      そうですね、このブログは主従関係を求めるM女に調教の良し悪しを伝えることを目的にしているので、偏った意見にならない様になるべく感情を省いて書いています。
      少しだけ感情的になったのは、きっと夜のせいでしょう。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主従関係における、二人の中での正しさ

自分の調教の核となっている思考について書く。 今後このブログからの調教を希望する女性は、僕がどんな事を考えてM女に調教を施しているかの参考にして欲しい。 Twitterや各種ブログを閲覧していても感じ …

no image

奴隷にするための準備

半年くらい前の話。 現在勤めている会社で仲良くしてもらっていたYさんが転職し、スイスに本社のある某食品メーカーに転職をした。 彼が転職をしてから2か月程経ったある時、新しい仕事も落ち着いてきたからとい …

no image

このブログから関係を結ぶ意味

  数多ある調教ブログの中で、このブログから出会うことを選ぶ意味。 それは日々このブログを覗きに来てくれるM女にとって、少なからず関心のある事だと思う。 久しぶりに「調教ブログ」というキーワ …

仕合わせのかたち

最近仕事がとても忙しい。 今は休憩に入ったサンマルクカフェでぽちぽちと記事を更新している。 僕がコンサルタントとして対応している仕事では忙しさの波が激しく、一般企業によくある定期の繁忙期という概念がな …

主の覚悟、従者の覚悟

「奴隷を持つならば主としての覚悟をしなければならない」   この言葉は様々な場所で散見される。 この言葉には正論しかないので、とても聞こえの良い言葉ではある。 肉体的・精神的なコミュニケーシ …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。