日記

奴隷になるとどんな変化が起きるのか

投稿日:2019年3月4日 更新日:

 

奴隷になるとはどういうことか。

このブログでは高頻度で初心者M女向けに警鐘を鳴らす記事を書いているが、今回は経験のないM女が主となる男性の奴隷になるという変化について書きたい。

信頼を置くS男性に「お前は今から私の奴隷だ」こう言われた瞬間に関係は主と従になるのか。結論からいうと、記号的な主従関係は成立する。しかしM女にとってこの言葉を言われた瞬間に自分の中で何かが変わるかというと、そんなに単純には出来ていないだろう。

Mというのは非常に曖昧な表現だ。女性の中に潜むMの度合いは1もいれば10もいる。趣味嗜好も異なる。それを男性は理解しようとしないから、主従関係は間違った男性本位で構築されていく。

1を求めている女性にいきなり10を突き付ければその女性にとって調教は怖いものになってしまうし、10を求めている女性に1を差し出せば主従の世界の物足りなさに失望するだろう。

「主」これもまた便利な表現である。

主人を名乗れば支配権を得る訳ではないのに、自身の欲望をさもそれが正しいことであるように振りかざす。主従は免罪符ではない。ましてや調教と欲望の吐き出しはイコールではない(関連性は認められる)。

女性自身、実際には自分はどれほどのMであってどれほど調教に興味があるかはわかっていない。定量化が出来ない事象は、それを測量する人間の精細さに結果が左右される。実際に最初の調教に進むまでのラポール(信頼関係・お互いがより良く話せる状態)形成が重要だろう。

例えば今日ネットで知り合った男女が主従関係を結び、明日ホテルで会うことになったとしよう。

ネットでの出会い、アブノーマルなプレイ、初めての主従関係。あらゆる要素が重なって非日常の中で経験したことのない興奮はするだろう。

しかしそれは主従関係に憧れていたM女が求めていたモノだろうか?

主従関係に憧れていた女性は、行きずりのセックスを求めていた訳ではないはずだ。変わったセックスをするだけならば、簡単にパートナーは見つかるだろう。

良い主従関係を構築するにはいくつかの条件があるが、M女側が普段人に話しにくい内容(それは本来、性に関して最もオープンになれるはずの恋人も含めて)を自然に話せたり、反対に主人となる人物から思ってもみなかった自分に気づかされるような傾向がある。

畏敬・尊敬。そういった感情がなければ自分の情けない姿や屈辱的な姿を見られることを許容できないだろう。調教に溺れる女性は自分が認めた男性以外にはSにも見られるほど自律している場合が多いので、よりその傾向は強い。

 

今回の主題に戻るが、M女はどのように奴隷に変化していくか。

それは初めての調教を行うまでのラポール形成、調教の中で理想と現実の乖離を埋める作業、価値観・嗜好の変化。

価値観・嗜好の変化については過去の記事をご覧頂ければ幸いだ。

主従関係での嗜好の変化

それぞれの段階を経て、M女は奴隷になっていく。

良い主従関係は、お互いに建設的な話ができることだ。男性側だけが主張をし続けM女の興味や感性を殺してしまうのは間違っている。

やりたいことをやるだけならばそれは調教ではなく暴力になってしまうだろう。

M女は自分がぼんやりとさせ続けてきた自分に初めて輪郭を与える。十分に知っているつもりだった自分に理解が行き届いていない領域があることを知る。それが奴隷になっていくということだと思う。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

奴隷になることは

  当ブログは幸いにして日々多くのアクセスを頂いており、ブログに対して何かしらの感想を抱いた方、調教希望の女性、パートナーとの性の悩みをメッセージにて頂ける方も大勢いる。 残念ながら現状その …

ただのセックス

直近は文筆の作業がとても多く、なかなか記事を書く時間が取れない。 気分転換的に短く更新をしたい。文章も整わないかもしれない。   従者に調教を行う時、僕は肉体的にハードな調教を選ばない。 そ …

no image

古い話を

  半年くらい前のことだった。 新宿の改札を出た直後、いきなり肩を叩かれた。驚いて振り向くと、僕以上に驚いた顔がそこにはあった。 そこにいたのは中学校まで一緒の同級生だった男性である。 彼は …

首輪を着けられた世界は

人生のある時期に、首輪を着けられている時期があってもいいと思う。 それは何かの隠喩ではなく、物理的な話だ。   些細な切っ掛けがあり、ご主人様を探す女性がいる。それは学生の時分かもしれないし …

no image

肉体的な責めは手段でしかない

  自分にとって相性のご主人様とはどんな人物か。言い換えれば、M女が幸福になるS男性とはどんな人物か。 今回はその点に言及したい。 ネットで、リアルで、出逢いのきっかけは様々で、知り合ってか …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。