日記

秘密は鈍く輝く

投稿日:2019年5月19日 更新日:

「誰にも言えなかった秘密を聞いてあげます」

SNSに飽和した言葉で、僕が嫌いな言葉の一つでもある。

「誰にも言えなかった性癖を自分が開放してあげます」の真実

 

誰にでも秘密はある。世間は秘密によって成立しているという側面もあるだろう。

多くの場合、秘密は何かを守るために発生する。

他人を守るための秘密であれば、例えばそれを知ることで本人が大きなショックを受ける様なことは伝えにくい。

自分を守るための秘密であれば、誰かの大切なモノを壊してしまったが言い出せなかったり、という例が考えられる。それを伝えることで、自分の評価が下がったり築きあげた人間関係が壊れてしまう場面だ。

秘密は時に「内緒」や「嘘」といった近似したものに形を変える。いずれにせよ、秘匿をするということだ。

冒頭の話に戻る。

少なからず理由があって発生した秘密について、SNSで「秘密を聞きます」と募集するのはどこか歪だ。

先に信頼が発生して、その後秘密を打ち明ける。会ったこともない他人に秘密を聞いてもらおうと初めて連絡をするのは、ある程度公人として知名度のある人物でなければ難しいだろう。

僕は大学の時にずっと心理学を学んで来たが、人の心理は年々複雑になって来ているように思う。

新しい価値観が生まれ、それに付随して悩みは増えていく。今までになかったモノの見方や受け取り方をする。

このブログは調教や主従、M女性向けの注意喚起が主題だが、そういったテーマは取分け悩みの種になるように思う。真面目な女性ならば尚更である。

Mという嗜好を持っていることに恥ずかしさや後ろめたさがあったり、自覚はありながらもそれは自分が実体験するものではないと割り切っていたり。

世の中の性にまつわるコンテンツにおいて、女性向けに作られたものは少ない。

女性がわかりやすく「調教パートナーの探し方」を学べる場があったらどれだけ気持ちが楽になるだろうと思う。

ネット上に設置された性コンテンツは(このブログも含めて)100%信頼ができるようなものは存在しないだろう。

その上身近な人には話しにくい内容という性質もあり、調教願望を秘密にし続けている女性はとても多いと思う。

飛び込むのには勇気がいる。ただ飛び込んだ先の関係は経験したことがないような素敵なものになる可能性も高い。

普段真面目に学生やOLをしている女性が、首輪を着けられてホテルの床に這いつくばっている姿はとても綺麗だ。

見つけ易くわかりやすいものではないが、それでも秘密の関係は鈍く輝く。

新しい秘密を一つ増やしてみたい女性は、まずは相談をしてみて欲しい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主人が奴隷にできることは少ない

主人が奴隷にできることは、実はとても少ない。 調教を受けたことのない女性の多くは「きっと調教を受ければ今まで誰にも言えずに求めていたものに出会えるだろう」「新しい自分に出会えるかもしれない」そう考えて …

主従関係のために学ぶべきはSMや調教ではない

主従関係のために学ぶべきはSMや調教ではない。 SNS上には沢山の「ご主人様」が溢れている。ご主人様を自称することは自由だし、実際に女性の調教経験があるS男性もいるだろう。 そもそも僕も日々偉そうなこ …

12時間後に待ち合わせ

一週間程前のことだ。 ほぼ使用していないFacebookを開いてみると、溜まってしまった友達リクエストの中に、とても懐かしい女性の名前を見つけた。 彼女は小学校・中学校の同級生で、一緒にクラスの学級委 …

no image

主従関係での嗜好の変化

  どんな事をされてみたいか。 これは、僕が調教希望で問い合わせをしてきた女性にする質問の一つだ。 嗜好や癖と言ってもいい。調教希望の連絡をくれた女性は皆、人には話せない何かを抱えている場合 …

琥珀色の呟き

早い時間から飲酒をしている。 ウイスキー、ハイネケン、コロナ。 今日は仕事に追われておらず、財布にはバーで飲むには充分な現金も入っているので飲みたいお酒を選ぶことができる。     …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。