よくある質問への回答 日記

女性が調教に興味を持つ切っ掛け

投稿日:2019年5月22日 更新日:

M女が調教に興味を持つきっかけは様々だ。

たまたま付き合った男性の性癖だったり、幼い頃の些細な経験だったりする。

僕は調教希望の問い合わせをしてくれた女性に「調教・主従関係に興味持ったきっかけ」を尋ねる。

回答は十人十色だが、概ね下記のような回答が多い。

小〜高校生の時に出会った作品

一般紙に連載されている漫画や小説にあるちょっとした拘束シーンやレイプ(ないしは未遂)のシーンに形容できない興奮を覚え、アブノーマルな性行為に関心が生まれる。

当時はそれが嗜好とは理解していないが、気がつけばそんなシーンばかり探している。

たまたま成年漫画やアダルト雑誌が手に入ると、さらに具体的にアブノーマルな行為にハマっていく。

ネット小説や携帯小説と言われる世界では過激な表現の作品が手軽に手に入り、かつ文字しかないため想像力が育まれる。僕のブログに関心を持つ女性は小説好きの子が多い。

問い合わせを頂いた女性は、これがきっかけで被虐願望・服従願望・支配願望が目覚め、調教や主従関係に憧れを抱いたという回答が少なくはなかった。

 

彼氏の性癖

男性は女性に比べ、性に対してとてもオープンだ。AVや成年漫画で知識を豊富に仕入れることができる(それが安全で実用的かという議論は置いておいて)。

付き合った彼女に対して、程度の差はあるにせよ簡単に縛ったり玩具を使ったりといったことも当たり前のようにあるだろう。

彼氏としてはソフトSMで満足し、しばらくしたら飽きてまたノーマルなセックスばかりになる。

しかしソフトSMを行なっている期間に、女性は自分の中の被虐願望に気づく。

彼氏と別れたタイミングで、自分の被虐願望を満たしてくれるパートナーを探してみる事もあるだろう。

以前から書いているが、僕は恋愛と主従は両立しないと思っている。

性質が異なる二つを混ぜてしまうと、どちらも酷く曖昧なものになってしまうと考えているからだ。

もちろんそんな中でもSM婚のような結論に辿り着くカップルも存在する。それはきっと僕とは異なる価値観を昇華させた結果なのだろうと敬う。

話を戻すと、自分の価値観の中で恋愛と主従は分けた方がそれぞれに没入できると考えている。

彼氏から恋人同士の延長としてのセックスの中で被虐嗜好に気づき、別れたタイミングで調教や主従関係を経験してみようと思いつく女性は少なくないようだ。

場合によっては、彼氏がいながら願望を抑えきれずに調教志望をしてくる女性もいる。

いずれにせよ、通常の恋愛の中にも奴隷願望のトリガーは潜んでいる。

 

家庭環境

これは実際に僕の奴隷の中にもいる。

父親が女性関係にだらしなく、性に関する話題や媒体(AVや写真など)が身近にあったことで自身も性への関心が育まれてしまった例だ。

父親が怖く、時には暴力を受けていたという子もいる。これは本来父親は愛情をくれるものという一般論実際に与えられたのは理不尽な叱責や暴力という乖離が混同し、自己防衛のため無意識に暴力を愛情表現と思い込んでいると僕は考えている。恋人からのDVにも同じことが考えられる。

こういったトリガーを持った女性は理不尽な叱られ方に発情したり、謝るという行為に感じたりする。そこに理路は必要とせず、悪いのは自分との思い込みがある。

 

 

切っ掛けによっても調教内容は変わる

継続してブログを読んで頂いている方はわかるかもしれないが、僕は精神的な主従関係を大切にしたい。

といっても冗談一つ許されないような関係ではなく、普段の僕は穏やかだし冗談も言う。

調教に興味を持った切っ掛けによって、女性ごとに奴隷のスイッチは異なる。肉体だけの満足感では、いずれお互いに食傷気味になる。

僕は奴隷と食事に行くこともあれば、飲みに行く事もある。プライベートな姿を理解している方が調教時の高低差にギャップも生まれ、より屈辱的に惨めに辱めることができる。

女性によって最も美しく奴隷らしくなる調教は様々で、ブログには書けないような行為をすることもある。

調教に興味のある女性は、自分が関心を持ったを振り返ってみることで理想的な関係像が見えてくるかもしれない。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリニックをお願い致します。

アダルトブログランキング
 

-よくある質問への回答, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女性が最も美しくなる時

  僕が女性にどんな調教をするか、という質問をよく頂く。 どんな調教をするかというと、それは女性によって異なる。 その女性が最も辱められ、最も屈辱的に感じ、最も美しくなる方法を選ぶ。 その方 …

no image

古い話を

  半年くらい前のことだった。 新宿の改札を出た直後、いきなり肩を叩かれた。驚いて振り向くと、僕以上に驚いた顔がそこにはあった。 そこにいたのは中学校まで一緒の同級生だった男性である。 彼は …

女性の本音:調教経験有りM女編

先日TwitterのDMを使って以下の3通りのアンケートを行った。 調教経験有りM女アンケート 有効回答数 116名 調教経験無しM女アンケート 有効回答数 51名 初心者S男アンケート    有効回 …

no image

踏み出す勇気

  僕は何人かの女性を持ち、女性については関係を解消したり新たな関係を構築したりを続けている。 このブログと、前のサイトからの問い合わせが定期的に僕のメールフォルダに届けられ、お互いに条件が …

なぜご主人様選びを間違えるのか?

僕はSNSとしてはTwitter(@mukuro_smblog2)を利用しているが、主従関係が始まり、別れるまでのシーンをよく見かける。 関係を持った男女がTwitterでも仲睦まじくやり取りを重ね、 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。