日記

女性ごとに適切な調教がある。

投稿日:

「奴隷になってみたい」

そんな風に考えたことのあるM女はとても多いだろう。

その中から行動に移すのはほんのひと握りの女性だけで、冗談ぽく彼氏に話をしてみたり、ネット上に出会いを求めることもある。

知識のない男性に騙されて危険に晒されたり、リベンジポルノのリスクを考えると、出会うために何も行動を起こさないというのも賢明な判断だ。

それでも悩んだ結果「奴隷になりたい」と告白をするのはとても勇気のいることだろう。

その一言を、安易に受け止めてはいけないと思う。

縛られてみたい・玩具責めをされてみたいなど願望は女性によって様々だ。

その中で奴隷になりたいというのは肉体的ではなく精神的な欲求の現れだ。

故に、扱いには慎重さを伴う。

女性はぼんやりと調教や主従関係に憧れるが、憧れは具体的ではない。具体的に想像できないからこそ、強烈に興味を抱くのだろう。

良いご主人様とは、奴隷が最も美しく最も汚く変化する方向を示唆できる人物であると思う。

奴隷になってみたいという言葉は一律でも、そこに辿り着く背景は様々だ。

美しくなりたいのかもしれないし、汚れたいのかもしれない。

滅茶苦茶に犯すことが正解かもしれないし、何もしないことが最適解かもしれない。

テンプレート化した性行為は女性の為ではなくただ男性の性欲を満たすため(AVと同じと言えるかもしれない)にある。

似たタイプの女性はいても同じ女性はいない。こんな当たり前のことを、男性は目の前の性欲で見失ってしまう。

女性ごとに適切な調教がある。

これから主従や調教の世界に飛び込む女性には、是非自分に最も合った調教を経験してもらいたい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願いします。


アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ご主人様を選んでしまう前に

  M女の心理に関心のある男性は多い。 主従関係、そこには少なからず普通ではない心理的な変化が現れ、現代では一見異常とも見える主と従者の関係が成立する。 奴隷を求めるS男は有象無象に存在する …

きれいごと

主従関係に対しては千差万別の価値観がある。 「誰でもいいからとにかく誰かを調教したい」と喚き散らす男性。そんな男性を批判する女性。そんな女性に文句を垂れ流しながらも「もしかしたら…」が拭えずに接し続け …

価値観の多様化と学生

  先日、大学時代の恩師と再会した。 たまたま大学に行く用事ができ、実に九年振りの再会であった。 恩師といっても僕はその教授のゼミに属した訳でも、特別な親交があった訳でもない。 僕が好んで先 …

no image

よくある質問への回答

  調教希望の連絡を頂く中で多い質問があるので、今回は記事として回答したい。 ■写真を含む情報の流出が怖いです。 最も多い問い合わせがこれだ。こちらに関しては、僕の嗜好をお話しておきたい。 …

全体は部分の総和ではない

「全体は部分の総和ではない」 これは学生時代に学んでいた心理学の中で出会った言葉で、当時あらゆる事象に共通する真理であるような感銘を受けた。 言葉の解釈については個人差が認められるが、簡単に言うと「部 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。