日記

女性ごとに適切な調教がある。

「奴隷になってみたい」

そんな風に考えたことのあるM女はとても多いだろう。

その中から行動に移すのはほんのひと握りの女性だけで、冗談ぽく彼氏に話をしてみたり、ネット上に出会いを求めることもある。

知識のない男性に騙されて危険に晒されたり、リベンジポルノのリスクを考えると、出会うために何も行動を起こさないというのも賢明な判断だ。

それでも悩んだ結果「奴隷になりたい」と告白をするのはとても勇気のいることだろう。

その一言を、安易に受け止めてはいけないと思う。

縛られてみたい・玩具責めをされてみたいなど願望は女性によって様々だ。

その中で奴隷になりたいというのは肉体的ではなく精神的な欲求の現れだ。

故に、扱いには慎重さを伴う。

女性はぼんやりと調教や主従関係に憧れるが、憧れは具体的ではない。具体的に想像できないからこそ、強烈に興味を抱くのだろう。

良いご主人様とは、奴隷が最も美しく最も汚く変化する方向を示唆できる人物であると思う。

奴隷になってみたいという言葉は一律でも、そこに辿り着く背景は様々だ。

美しくなりたいのかもしれないし、汚れたいのかもしれない。

滅茶苦茶に犯すことが正解かもしれないし、何もしないことが最適解かもしれない。

テンプレート化した性行為は女性の為ではなくただ男性の性欲を満たすため(AVと同じと言えるかもしれない)にある。

似たタイプの女性はいても同じ女性はいない。こんな当たり前のことを、男性は目の前の性欲で見失ってしまう。

女性ごとに適切な調教がある。

これから主従や調教の世界に飛び込む女性には、是非自分に最も合った調教を経験してもらいたい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願いします。


アダルトブログランキング

-日記

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5