日記

多頭飼いは不誠実か

投稿日:

多頭飼いについて書く。

調教や主従関係は人の気持ちが関わることなので、メリットやデメリットといったドライな表現は避けたい。

1対1の関係も多頭の関係も経験してきて、考え方は変化してきた。思考の幅が拡がったという感覚が適切かもしれない。

 

僕が初めて調教を行なったのは、今から15年程前になる。当時自分で立ち上げたサイトで調教志願の女性を募り、実際に会って(今よりはとても未完成な)調教を行っていた。

とはいえ当時の僕はまだ学生でお金も経験も少なく、豊富な道具を使った肉体的な調教よりも相手の精神を支配することに注力していた。

難しい心理学の本を何冊も読み漁り、知識と現実の乖離を埋める作業を繰り返しながら、僕は年齢が自分よりも上の女性を支配することに集中した。

当時の感覚としては、関係は1対1である事がマストだと考えていた。何人もの女性と同時に関係を持つことは不誠実であると思っていたし、数多来る調教志願に対しても一人の調教が終わったらまた次の女性、のサイクルを繰り返していた。

故に調教志願のメッセージを頂いてから回答を出すまでに何ヶ月も掛かってしまい、音信不通になる女性も少なくはなかった。

社会人になり、今までのペースでサイトを管理できない日々が続いた。

たまにSM系のサイトやTwitterを覗いていたが、そこで危険なS男性と関係をもってしまい傷つくM女を沢山見てきた。

「次にサイトを作ることがあれば、M女を守るようなサイトにしよう」

正義感でも何でもなく、僕は創りたいモノを作りたかった。

多頭飼いを表明した上で僕からの調教を希望する女性がいれば、安心の中で調教を行おうと思っていた。

ただそこにはいくつもの懸念があった。

その中の一つが、僕を慕ってくれればくれるほど奴隷が傷つくのではないかということ。

実際に、自分以外の女性が調教を受けることについてストレスを訴えるM女もいた。

ただそれは一時的なもので、僕と会っている時間を楽しむことに集中してくれる女性が殆どだ。

僕は基本的に、主従関係と恋愛は両立しないと思っている。性質が異なる二つを同じ線上に配置することはできない(それは僕の主観だが)。

僕に主従を求める女性は、「僕から」調教を受けるという事の優先順位が高い。

僕に対して1対1になることが目的になることが目標ではなく、僕から調教を受けることが肝要になっている。

だから僕は奴隷が恋人を作ることを止めもしないし、それぞれで満たされれば良いと思っている。

恋人には恋愛的な愛情を感じ、僕からは服従する悦びを享受すればいい。より満たされようとする事は何も間違っていない。

勘違いをしてはいけないのは、多頭飼いが上位の関係性ではないという事だ。タイミングと相性次第では、僕が1対1の関係を築くことだって十分に有り得る。

凝り固まる必要はなく、自分に適した関係性を選択すればいい。沢山の女性を飼える男性が必ずしも有能という訳ではない。

結論として、単頭と多頭は並列の概念だと思う。自分が最も楽しめる関係性は何か、先ずはそれを考えてみよう。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


  1. あきら より:

    僕に主従を求める女性は、「僕から」調教を受けるという事の優先順位が高い。

    僕に対して1対1になることが目的になることが目標ではなく、僕から調教を受けることが肝要になっている。

    と書いてありますが、決めつけていませんか。
    我慢していたり言わないだけで1対1になることを求めている奴隷があるかもしれないと考えたことはないのですか?そのような気持ちを全く態度に出さずに耐えている女性もいます。

    また、1対1になることを求めてられたらどうするのでしょうか。

    • mukuro より:

      あきら 様

      コメントありがとうございます。

      1対1であることを求めている奴隷もいると思いますし、隠している女性もいると思いますよ。
      ただ女性のすべての要望に応えることはできません。こちらが対応できる関係性を事前に提示した上で関係を結んでいるので、相手は了承していると認識しています。あきらさんのご質問に対して僕と奴隷、どちらが関係を理解していないかと言われれば奴隷側かと。
      それでストレスを感じるのであれば、その女性が主従関係を求めるべきは僕ではありません。僕は僕ができることを伝えた上で関係を持っています。

      1対1を求められた場合については、何度かブログにも書いていますがタイミング次第です。他の奴隷すべてを突き放すことはしませんが、たまたま奴隷が一人の時にそれを求められ、かつ自分もそれを求めたらするかもしれません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

これまで行ってきたSM調教について

このブログでは基本的にM女性に向けた記事を書いている。 SMや調教などの特殊な世界について綴ることもあれば、ネットでの出会いに警鐘を鳴らすこともある。いずれにせよ、特殊な性に興味のある女性が楽しめる内 …

no image

美しければ良い奴隷か?

  ある女性からメッセージを頂いた。 その方は前回の記事に共感をして下さった様で、調教を受けてみたいとのメッセージを送ってきてくれた。 https://smblog.jp/2018/04/15 …

価値観の多様化と学生

  先日、大学時代の恩師と再会した。 たまたま大学に行く用事ができ、実に九年振りの再会であった。 恩師といっても僕はその教授のゼミに属した訳でも、特別な親交があった訳でもない。 僕が好んで先 …

ネット出会いの今と昔

コラムのようになるが、自分が歴代運営してきたサイトを通して感じたネット出会いの今昔について書いてみたい。 継続して読んで下さっている方はご存知かもしれないが、僕は高校生の時から自分でサイトを立ち上げて …

マゾヒズムとサブミッシブ

マゾヒスト・サブミッシブの女性の心理について、もう長いこと思案をしている。 自分の奴隷の心理を理解したいし、純粋にそれらの心理状態に興味があるのだ。 大学の講義や書物から得た情報の他に、自分自身が奴隷 …