日記 注意喚起

剥き出しの、性

投稿日:

何が幸せかは人により異なる。

誰かにとっての幸せは隣人の不幸であり、

隣人の幸せは自身にとっての不幸かもしれない。

 

僕は普段ブログの記事を書く時に、とても慎重に言葉を選ぶ。

「調教」や「主従関係」に潜む危険がなるべく適切に伝わるように、そこに隠された蜜の匂いが伝わるように。

主観と感情が入り過ぎないように。少しは読める文章であるように。

それ故か、形式美の様な調教をするように感じ取れるかもしれない。

確かに僕は、あまりハードな調教は好みではない。ハードというのは、一例として傷が残ったり流血を伴うようなプレイである。

僕は精神的な主従関係を重んじるので、極端な話をすれば道具は要らない。ただ肉体的な刺激を与える為、それを与えることで精神的な服従にも寄与する物については使用をする。

以前にも書いたが、肉体的な調教はあくまで二次的なものでしかない。尊敬や畏敬がない間柄で何をされてもM女性には響かない。

「精神的な主従」という命題を持ち出すと、僕が高尚なことをしようとしているように見えるかもしれない。

しかし根底にあるのは純粋な癖であり性欲だ。

僕はきっと誰よりもどろどろとしているし、女性を自分の好きに調教してしまいたいと思っている。

 

剥き出しの性がそこにはある。

 

M女を調教するのは、自分がより満たされる為でもある。ボランティア的に女性を導きますという書き込みをSNSでよく見かけるが、的外れも良いところだ。

女性だって愛情のない調教は望んでいない。初回に関してはそれがぎこちないものであっても。

M女性が言う御主人様の道具になりたい・玩具になりたいの意味をはき違えている男性は多い。ただヤリたいだけの男性には触れて欲しくもないはずだ。

性欲はある。ただそれを適切な形にして求めている女性に向けなければならない。性欲の中の浅ましさやいやらしさを、相手も満たすものに昇華させなければ関係はきっと長くは続かない。

主人が奴隷を導く。それ自体はきっと正しい。

しかし主人も自分を曝け出せる相手を求めている。自分を表現して良い相手を、自分の加虐を被虐してくれる相手を。そこにはとても純粋な性欲がある。

癖や嗜好は人によって異なる。

汚いモノも痛みも、人に見せられないような情けない姿も、それがその女性にとっての「本当の幸せ」である可能性がある。

性欲の表現の仕方を間違えてはいけない。

純粋で相手を想う性欲は、きっとお互いを幸福にする。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記, 注意喚起

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性ごとに適切な調教がある。

「奴隷になってみたい」 そんな風に考えたことのあるM女はとても多いだろう。 その中から行動に移すのはほんのひと握りの女性だけで、冗談ぽく彼氏に話をしてみたり、ネット上に出会いを求めることもある。 知識 …

奴隷になると何が変わるのか

  奴隷になるとはどういうことか。 このブログでは高頻度で初心者M女向けに警鐘を鳴らす記事を書いているが、今回は経験のないM女が主となる男性の奴隷になるという変化について書きたい。 信頼を置 …

no image

このブログから関係を結ぶ意味

  数多ある調教ブログの中で、このブログから出会うことを選ぶ意味。 それは日々このブログを覗きに来てくれるM女にとって、少なからず関心のある事だと思う。 久しぶりに「調教ブログ」というキーワ …

ネット出会いの今と昔

コラムのようになるが、自分が歴代運営してきたサイトを通して感じたネット出会いの今昔について書いてみたい。 継続して読んで下さっている方はご存知かもしれないが、僕は高校生の時から自分でサイトを立ち上げて …

no image

このブログからの出会いについて

  以前、ネットでの出会いに警鐘を鳴らす記事を書いた事がある。 https://smblog.jp/2017/09/02/ネット出会いでの怖い体験 ネットを介しての出会いに注意を促す反面、特殊 …