日記

めぐり逢い

投稿日:

朝と雨とウイスキーが好きだ。

だからといって雨の降っている朝にウイスキーを飲もうとは思わない。

それぞれは独立していて、何もかもを混ぜてしまうのは返って魅力が損なわれる。

またそれぞれには相性の良いパートナーがいて、朝とJazz、雨と窓辺、ウイスキーには暖色系の柔らかい照明がとても良く合う。

子どもの頃よりも少しだけお金を持っている僕は、そのいずれかを選択する事ができる。大人になった自分の、小さな権利だ。

僕たちは大きくなる事で小さな権利を得る。すべては正比例ではない。

しかしその小さな権利には、時折大きな責任が付いてくる。やはり世界は正比例ではない。

 

現実では、出逢いたいモノに出逢えない事の方が多い。それがモノであれ人であれ。手段も選択も分からず、巡り逢いたい相手にはいつだって会えない。

完璧な、理想のパートナーに出逢う確率を考えてみる。何の努力もしなかった場合、自分が「理想」とするパートナーに出逢える可能性は著しく低いだろう。

僕は時折、部屋の光量を減らして水槽を眺めている。水槽の中にチェレンコフ光が見えないか、なんて馬鹿な事を考えてみる。

チェレンコフ光が見える確率自体極めて低いものだが、部屋を暗くする事がささやかな努力である。

 

それぞれには、恐ろしく綺麗に噛み合う存在がある。少しの努力で、巡りあう確率はきっと上がる。

自分が経験したい事は何なのか。

感じたい事は何なのか。

パートナーに何を求めるのか。

新しい世界に踏み込む時、最良のパートナーを探す努力を惜しまないで欲しい。

 

朝と雨とウイスキーはきっと合わない。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

夜に

  窓の外では、機嫌の悪い天気が続いている。 昨晩は編集の方と会い、本日は自宅で過ごすはずだった。 しかし仕事の都合でホテルに連泊をすることに。同じホテルに連泊しているが、部屋をシングルから …

奴隷の努力は当然ではない

主従関係においてどちらが努力をしているかと言われれば、それは間違いなく従者であると思う。 主となる男性が何も努力をしていないかというとそうではない。ただ我々S男性側は(少なくとも僕は)関係の維持におい …

快楽主義者と独裁者

僕はよく、恋愛と主従は相容れないと言う。 恋愛はまず自分の良い部分を知ってもらい、上手くいけば関係が始まる。対照的に主従関係は(一般的には)隠しておきたい変態性や嗜好を相手に知ってもらう事から関係が始 …

仕事と息抜きと主従関係

少し仕事と息抜きの話を。 僕は兼業作家をしており、仕事の大きなウエイトとしてはコンサルタントの仕事が占めている。 コンサルタントというと非常に曖昧な職業だが、僕のいる業界は非常に狭い業界なので特定され …

no image

主従関係で大切なこと

  僕はよく、調教は女性によって内容を変えると話している。 主従関係、取り分け奴隷に位置する女性の気持ちは繊細なもので、一方通行の調教では関係は長くは続かない。 新しいご主人様に出会った時、 …