SM 日記 調教

選択を捨てる奴隷

投稿日:2020年2月9日 更新日:

大人は何もかもを選ぶ事ができる。

大人になることは選択肢が増えるという事だ。

人を育てることも殺すことも、口紅の色を選ぶのと同じように選択をする自由がある。

しかし選択肢が増える事で、返って選択は難しくなる。

選択肢と同じ数だけ失敗や後悔も分岐をしていくから、自分が選んだ道が間違っていた場合にそこから最も遠い選択肢を恨めしそうに睨む事になる。

そして人生の中でいくつか直面する「選択できないモノ」に人は酷く苦しむ。

それは望まない出会いであったり、望まない別れだったりもする。

 

「奴隷になること」を選ぶ女性がいる。

 

今まで細心の注意を払ってきた危機管理や、選択をする権利。

最後の選択の権利が「そのご主人様と関係を結ぶ事」であったかのように、多くの権利を手放して奴隷の身分を求める女性がいる。

その多くが社会的に自立した女性であり、自律ができる女性である。

しかし自らが関係を結んだ主人には情けないくらいに服従し、必死に忠誠を示す。

洗ってもいない足の指を嬉々としてしゃぶったり、アナルに差し込まれた擬似の尻尾を文字通り振りながら主人に媚びる。

屋外での露出や、目前での自然便の排泄など、本来絶対に受け入れてはならない屈辱に快楽を覚える。

全裸の方がずっとマシな姿を命じられる事もあるだろう。

 

その姿はまるで、退行してしまった単純な動物のように快楽と主人への服従に固執する。

調教中に複雑な思考をする事はできず、目の前にある掌がすべてを握る。いや、握っていて欲しいと強く願うことしか出来ないかもしれない。

考えるべき事は、主人を喜ばせる事。主人が考えなさいと言った事。

サブミッシブの女性は頭の良い男性が好きだ。自分がどこまで潜っても底が見えない男性と巡り合えた時、きっと気持ち良く深く沈む事ができるだろう。

だらしなく服従するしかなくなってしまった女性の姿を、僕は見ていたい。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-SM, 日記, 調教
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

またいつか、真夜中に

誰でも真夜中を特別だと感じる時がある。   それは恋愛は上手くいかないと初めて知った14歳かもしれない。 社会の軋轢に心が壊れかけた35歳かもしれない。   いずれにせよ、空気の重 …

当ブログから主従関係を結ぶ場合の事前案内

  今回の記事は特定の人物を想定しているものではない。   このブログを介して日々沢山の調教希望の問い合わせを頂く。 その中には関係をはっきりと断ったり、理由を伝えて僕とは関係を持 …

酸素の薄い朝

主従関係について、思考と錯誤を繰り返す。   やかんに水を注ぎ、火にかける。 透明なガラス製の急須に茶葉を落とし、その瞬間を待つ。海底の柔らかい砂のようなソファに腰掛け、従者の事を考える。 …

奴隷の努力は当然ではない

主従関係においてどちらが努力をしているかと言われれば、それは間違いなく従者であると思う。 主となる男性が何も努力をしていないかというとそうではない。ただ我々S男性側は(少なくとも僕は)関係の維持におい …

no image

アンバランス(まりえ 22歳)

  久しぶりに調教の記録を綴る。現在ブログのヘッダー画像になっている奴隷について。 このブログから問い合わせをしてきた22歳の女子大生、まりえの調教について書く。 まりえは都内の女子大に通う …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。