SM 日記 調教

選択を捨てる奴隷

投稿日:2020年2月9日 更新日:

大人は何もかもを選ぶ事ができる。

大人になることは選択肢が増えるという事だ。

人を育てることも殺すことも、口紅の色を選ぶのと同じように選択をする自由がある。

しかし選択肢が増える事で、返って選択は難しくなる。

選択肢と同じ数だけ失敗や後悔も分岐をしていくから、自分が選んだ道が間違っていた場合にそこから最も遠い選択肢を恨めしそうに睨む事になる。

そして人生の中でいくつか直面する「選択できないモノ」に人は酷く苦しむ。

それは望まない出会いであったり、望まない別れだったりもする。

 

「奴隷になること」を選ぶ女性がいる。

 

今まで細心の注意を払ってきた危機管理や、選択をする権利。

最後の選択の権利が「そのご主人様と関係を結ぶ事」であったかのように、多くの権利を手放して奴隷の身分を求める女性がいる。

その多くが社会的に自立した女性であり、自律ができる女性である。

しかし自らが関係を結んだ主人には情けないくらいに服従し、必死に忠誠を示す。

洗ってもいない足の指を嬉々としてしゃぶったり、アナルに差し込まれた擬似の尻尾を文字通り振りながら主人に媚びる。

屋外での露出や、目前での自然便の排泄など、本来絶対に受け入れてはならない屈辱に快楽を覚える。

全裸の方がずっとマシな姿を命じられる事もあるだろう。

 

その姿はまるで、退行してしまった単純な動物のように快楽と主人への服従に固執する。

調教中に複雑な思考をする事はできず、目の前にある掌がすべてを握る。いや、握っていて欲しいと強く願うことしか出来ないかもしれない。

考えるべき事は、主人を喜ばせる事。主人が考えなさいと言った事。

サブミッシブの女性は頭の良い男性が好きだ。自分がどこまで潜っても底が見えない男性と巡り合えた時、きっと気持ち良く深く沈む事ができるだろう。

だらしなく服従するしかなくなってしまった女性の姿を、僕は見ていたい。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-SM, 日記, 調教
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全体は部分の総和ではない

「全体は部分の総和ではない」 これは学生時代に学んでいた心理学の中で出会った言葉で、当時あらゆる事象に共通する真理であるような感銘を受けた。 言葉の解釈については個人差が認められるが、簡単に言うと「部 …

自由は拘束の中にある

「ずっと奴隷になってみたかったんです」   関係を結んだサブミッシブ女性の口から安心したように発せられる言葉だ。   誰にもできない告白だったのだろう。   社会的に成功 …

銀河鉄道の切符

家の本棚に、ボロボロになった本がある。 僕は比較的持ち物を綺麗に扱うが、二十年近く持ち歩いて来たその本はかなりくたびれてしまっている。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」という文庫本だ。 ひとり旅に行く時は、 …

ラストシーン

先日、ある女性と会話をしている時にフラッシュバック的に思い出した話がある。 それは僕が初めて書いた小説についてだ。 「作品」として賞に応募し始めたのは大学生になってからだが、中学生の時に発作的に小説を …

性癖とNG行為について

今回はアブノーマルな世界に関する、主に主従やSMにまつわる性癖とNGについての考え方を書きたい。 暇つぶしの読み物程度に捉えて頂ければ幸いである。   「主従」という関係がある。 これはサド …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。