日記

雨の日に

長い梅雨が続き、空を見上げる機会が減ったように思う。

 

かわりに窓を見る機会が増え、優しく打ちつける雨を見ながらぼんやりとした時間を過ごす。

雨は社会の音が自分の耳に運ばれてくることを疎かにする。今日は社会に組み込まれるべき日ではない。

そんなくだらない事を考えながら、僕はゆっくりと呼吸をする。

読みたかった本を読み、聴きたかった音楽を流し、香りの立ったパンを頬張る。

 

日常は忙しすぎる。起きて、歯を磨いて、出掛けなければならない。

毎日繰り返すのはとても大変だ。

 

幸福は外にばかりあるのではない、と時々思うことがある。

自分の部屋の中や、自分の中に、コーヒーカップの中にあることもあるだろう。

 

穏やかな自分も、従者に酷いことばかりしている自分も、それは表裏でも二重人格でもなく自分でしかない。

その自分を受け入れてくれる人と、僕は関係を持っているのかもしれない。

 

密室のベッドに腰掛け、脚の間に従者を座らせる。

正面から見据えた従者の顔はとても色っぽく、きっと今までのどの瞬間より綺麗だ。

こちらを見上げる従者の顔を見た時、僕は途方もないことを考えている。

 

「どうやってここまで歩んで来たんだろう」

 

日常があって、恋愛をして、傷ついて、傷つけて、星を観たり、見たくないものをみなければいけなくて、その果てに目の前に跪いている。

 

その女性が何を考えて来たのか。

何を美しいと思って何から眼を逸らすのか。

 

そんな事を知りたくて僕は、雨音の聞こえる部屋で茫漠とした時間を過ごしている。

 

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

 

-日記

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5