日記

白夜に手を振って

投稿日:2020年10月28日 更新日:

夜がいつも同じ色であるとは限らない。

 

精神状態は、視覚に様々なフィルタをかける。

初めて首輪をかけた夜は青白く甘く、首輪がちぎれた夜には暗黒色が視界を満たしていく。

サディストだろうがドミナントだろうが、契りがちぎれた瞬間の寂しさに慣れることはきっとない。そこにはただ一人の凡庸な人間がいるだけだ。

とても相性の良いパートナーに巡り合った時、日常は白夜のように明るい時間が伸びていく。明るいゆえに、闇が恋しいなんて贅沢を言ったりする。

 

独りになった時、僕らはようやく心臓が動いていたことを思い出す。

昨日まで誰かのために動いていた心臓が、それが自分のためだけに拍動している事を理解して少しだけ苦しくなる。

見送ることしかできなかった寂しさは、二度と握ることがない手のひらを思い出させる。

 

僕らは幸いにも、見た目の美しさと精神の美しさが比例しない。

お互いの外見に捉われず気に入った相手に愛情を注ぐことができるし、その愛情が緋色だ二人静だと会話を楽しむことができる。

二人静は植物であり紫色を表す一種である。その花言葉はとても綺麗だ。

 

肉体的な関係の中で精神を感じるからこそ、それぞれは心地の良い依存を得る。

それは恋人への愛情とは異なるものだ。完璧な恋人と出会っても、どうしても塗り潰せない自分の一部を埋めてみたくて相手を求める。

11色の色鉛筆を持っている相手と良好な関係を築いても、12色目を持った相手に強烈に惹かれる。12色目のみ持った相手である場合もあるかもしれない。

人生の色彩が鮮やかになっていく喜びを噛み締めるのはとても幸福なことだ。

 

今日も誰かが出逢って、誰かが別れる。

見え方の違う夜空が、それぞれにとって穏やかであればいい。

 

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-日記

執筆者:


  1. m より:

    ご主人様がいました。奴隷として日々ご主人様に従い尽くして参りました。しかし私からご主人様のもとを離れました。悩みに悩んでずるいやり方で逃げたのです。そのまま死のうと思いました。でも死ねなかった。すぐに後悔してご主人様を忘れられずまたご主人様の傍に居たい…何をされても構わないからご主人様のもとに戻りたいと思っています。ご主人様との接点は一切無くなってしまってどうすることも出来ません。このブログを読んでより一層ご主人様への気持ちが溢れて止まらないです。こんな奴隷許してくれるはずもないですが…またどこかで会えたらいいなと思います。
    m

    • mukuro より:

      m 様

      皆、必ずしも正しいタイミングで正しい判断ができるとは限らないですね。
      もしそのタイミングで離れていなかったら、mさんの気持ちはもっと辛いものになっていたかもしれません。接点がなくなったからこその、今のお気持ちの可能性もあります。

      自分に優しくしてあげて下さい。
      またどこかでお会いできたらいいですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネット出会いの今と昔

コラムのようになるが、自分が歴代運営してきたサイトを通して感じたネット出会いの今昔について書いてみたい。 継続して読んで下さっている方はご存知かもしれないが、僕は高校生の時から自分でサイトを立ち上げて …

主従と恋愛、単頭と多頭。

恋愛と主従はまったく異なるものであると思うし、非常に近似したモノであるとも思う。 初めて女性を調教した時から、恋愛と主従の「似ている」と「似ていない」を何度も繰り返して来た。 僕は恋愛と主従を同じ相手 …

no image

夜に

  窓の外では、機嫌の悪い天気が続いている。 昨晩は編集の方と会い、本日は自宅で過ごすはずだった。 しかし仕事の都合でホテルに連泊をすることに。同じホテルに連泊しているが、部屋をシングルから …

no image

パートナー探しでの男女の精神的な違い

  サディスティックであることを勘違いしている男性は多い。 このブログに辿り着く前に、他のブログやSNSでご主人様を募集していたという話をよく聞く。 そういった場所を経由してから僕とのやり取 …

no image

主従関係での嗜好の変化

  どんな事をされてみたいか。 これは、僕が調教希望で問い合わせをしてきた女性にする質問の一つだ。 嗜好や癖と言ってもいい。調教希望の連絡をくれた女性は皆、人には話せない何かを抱えている場合 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。