日記

関係性は変わっていく

投稿日:

このブログでは日々ネットから出会う危険について綴ることが多い。

 

主従関係のパートナーを探す際に少しだけ頭の片隅に浮かべてほしいという気持ちで書いているが、良好なパートナーと出会うことができればドミナント&サブミッシブとしてはそれにタッチしなかった生活よりも遥かに豊かになるだろう。

相手を探す時に、どんな関係を望むかを明確化しておく事の大切さは何度も書いてきた。ここが定まっていないと、求める相手はぼやけたままだ。やり取りの中でもどの部分に注意を払ったらいいかもわからない。

しかし実際に自分が溺れられる相手と出会った時には、関係が進むにつれて二人にとって適切な関係は変わってくるかもしれない。

例えば恋愛とは完全に分別して…と考えていたものが、二人の間に恋愛的な感情が芽生える場合もあるかもしれない。反対も然りだ。

従者側の女性がNGプレイとしていたものが、関係が深まるにつれて嬉々として受け入れるようになることも往々に有り得る。

 

「ご主人様」側が関係の保ち方をコントロールするケースが多いと思うが、最初に決めた関係性に固執することはない。

前向きに新しい関係を構築できる事はとても幸福だ。

従者となる女性の変化で顕著なものの例にご主人様の命令を受け入れたいからよりご主人様を喜ばせたいと能動的に変わるものがある。

命令をこなすだけではなく、どうすればより主に満足感を感じてもらうことができ、より尽くせるか。100点ではなく120点になるか。純粋な慈愛である場合もあるだろう。

これは関係としてはとても成功しており、主の側からすると従者が想像する以上に嬉しいものだ。

ただ主となる男性が勘違いをしてはいけないのは、能動的な従者ばかりが褒めるべき対象ではないということだ。

その女性のそもそもの性格や素質として、+αに気が及ばない女性もいる。それはその女性の気が利かないというものではなく、きっと素直なのだろう。主から与えられているものを人一倍噛み締めているのだろうと思う。

 

関係に変化が現れる理由として、従者側に考える余裕ができてきたという事実もあるだろう。必死についていくだけの関係から、奴隷としての自我が芽生えた状態とも言える。

この状態に辿り着く前に関係が終わってしまう人も少なくはない。関係が変化していく過程を楽しめるくらい永く続く主従関係は素敵だ。

相手を探す軸を持つことと、関係性の維持に意固地になることは違う。

まずは良いパートナーと巡り合うこと、関係を続けること、最適解を見つけることを楽しんでみたらいい。

僕が偉そうに言える事ではないが、良い従者に恵まれて多幸感を得ている身として主従関係の魅力を伝えていきたい。

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

M女は自分の気持ちを整理してみよう

  僕のところには調教希望の女性や性に関して悩んでいる女性からの問い合わせが多数送られてくる。 現状そのすべてに返信が出来ている訳ではないが、無数の女性とのやり取りの中で思うことがある。 M …

主従関係のために学ぶべきはSMや調教ではない

主従関係のために学ぶべきはSMや調教ではない。 SNS上には沢山の「ご主人様」が溢れている。ご主人様を自称することは自由だし、実際に女性の調教経験があるS男性もいるだろう。 そもそも僕も日々偉そうなこ …

no image

それぞれの主従関係

  僕は長いことSMや調教と呼ばれる行為を続けてきたが、基本的に自分と相手の女性の1対1の状態で行為をする。 それはホテルの密室であっても外での調教であっても変わらない。その時調教している相 …

no image

パートナー探しでの男女の精神的な違い

  サディスティックであることを勘違いしている男性は多い。 このブログに辿り着く前に、他のブログやSNSでご主人様を募集していたという話をよく聞く。 そういった場所を経由してから僕とのやり取 …

no image

29種類の元素から作られるものについて

  このブログは基本的に女性向けのブログだが、閲覧している人や調教希望の連絡をしてくる年齢層は様々だ。 学生もいれば、社会人もいる。不思議と無職の方からの連絡は少ない。 学生と社会人。それぞ …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。