注意喚起

【2021年版】SM調教と主従関係|ご主人様の探し方

 

当記事はSEO(検索)対策記事ではなく初心者M女向けの実用的な内容となっております。SM調教を体験してみたいorご主人様を探している女性は一度全体をご覧頂ければ幸いです。

 

主従関係・調教を経験してみたい

そう考えてみたものの、どこで探せばいいのかどんな相手を選べばいいのかわからない。そんな女性は多いのではないだろうか。さらに言えば、ご主人様を探してみたいものの参考になるようなサイトも少ない。

この記事を書いているのは現在進行形で多頭飼い(複数の女性を奴隷調教)をしている当ブログの管理人です。

※詳しくはサイト上部の「調教記録」「調教画像ギャラリー」をご覧下さい。

長い経験の中で得た主従関係を結ぶコツ、相手の探し方、ご主人様を探す時やネットでの出会いに関する注意について体系的にまとめた記事になります。

 

あなたが経験したいのはSM?主従関係?

SM(サドマゾ)と主従関係(ドミナント&サブミッシブ)については人によって考え方が様々ですが、概要的な考え方を説明します。SとMと言われる人々にも色々な嗜好があります。

  • サドS 加虐嗜好・相手を痛めつけるのが好きな人
  • マゾM 被虐嗜好・痛めつけられるのが好きな人
  • ドミナントS 支配嗜好・精神的に相手を支配するのが好きな人
  • サブミッシブM 服従嗜好・精神的な服従をすることに悦びを感じる人

 

サド・マゾは鞭や緊縛など肉体的な刺激への興味が優先、ドミナント&サブミッシブは首輪やペットプレイなど精神的な刺激が優先と考えて下さい。

もちろんサドマゾの方々にも特定のご主人様がいて慕っている場合もあれば、ドミナント&サブミッシブの方々も肉体的なプレイを行います。あくまで大枠として考えて頂ければと思います。

「ご主人様」というキーワードで相手を探す女性はこの中のサブミッシブに該当する可能性が高いです。今回はサブミッシブ女性に向けた内容となります。

 

まずは自分がどんなタイプを知ろう

サブミッシブがご主人様を探すのが難しい理由として自分の性癖・嗜好がわかっていないというパターンがある。何となく首輪をつけられてみたい、何となく絶対的な存在がほしい、物心ついた頃からそんな風に考えていたM女は多いのではないだろうか。

当ブログではサブミッシブを4つのタイプに分類している。

  • 自律型:自分を律しており、一見Sに見える賢い女性が多い。最も奴隷向き。
  • 快楽型:主人そのものよりもアブノーマルなプレイへの依存が特徴。
  • 憧れ型:本や映画で見た調教プレイに憧れており、軽いプレイを好む傾向。
  • 依存型:調教よりも主人に依存し、酷い扱いを受けても抜け出せなくなるのが特徴。

 

4つのタイプについては以下の記事に詳しく記載をしているので、自分のタイプを見極めるためにも一度ご覧頂きたい。

サブミッシブは4つのタイプに分けられる

 

自分が理想としている関係を整理する

主従関係に関する考え方は人それぞれだ。頭の中に描いている姿を合わせることは難しい。しかし自分がどんな主従関係を求めているかが整理されていないと、パートナーを探す時に食い違いが起き、関係を結んだもののすぐに破綻したり苦しいまま関係を続けることになる。

整理をしておいた方が良いポイントには以下のようなものがある。

ポイント

  • 興味のあるプレイ、NGプレイ
  • 既婚、恋人の有無
  • 恋愛をかねた関係を求めるか
  • 多頭飼いはOKか?(後述します)
  • 会う頻度の希望
  • 個人情報はどこまで交換するか(本名・自宅など)

 

特にNGプレイについてははっきりと伝えておかなければならない。自分が苦手なプレイを強制され続けるのはとても苦痛だ。また既婚者と関係を持つ場合は最悪訴訟をされたりといったトラブルに巻き込まれる可能性があるので、事前に確認のうえ、リスクを理解したうえで関係を持つ必要がある。

主従関係に恋愛要素を求めるかも人によって希望が異なるので、後でどちらかが傷つかないように事前に希望の合うパートナーを探した方が良い。恋愛要素を別に考えるタイプは、彼氏がいながら他にご主人様を作る女性もいる。

個人情報の開示については、少なくとも最初の頃は本名は伏せたいなど相手に希望を伝えた方が良いだろう。無理に個人情報を聞いてくるような男性はストーカー化する可能性があるので避けた方が良い。

 

相手の好みの飼い方も確認しよう

ポイント

  • 単頭飼い:一人の奴隷だけを調教
  • 多頭飼い:複数の奴隷を同時に調教

主従関係には単頭飼い多頭飼いがある。どちらの形式を求めるかは関係を結ぼうと思っている相手にしっかりと確認しておいた方が良い。よくあるトラブルとして単頭飼いと約束して関係を持っていたのにご主人様が影で多頭飼いをし始める(実は最初から多頭飼いだったというケースがある。

男性は一人の奴隷ができると自信がついてしまい、複数の相手を求める場合がある。あなたが単頭飼いを求めるのならば、相手にその意思を強く伝えよう。

すでに恋人がいる・「誰に」調教されるかの優先度が高い女性は多頭飼いを受け入れる場合が多い。今現在僕が関係を持っている従者(奴隷)も半数以上は恋人がいる。

 

どんな出会いの場があるか?それぞれの特徴

ご主人様との出会いの場としてどのような場があるのか。それぞれのメリットとデメリットを紹介していく。

 

SM出会い掲示板

ネットで「SM 出会い」など検索すると無数の掲示板サイトが出てくる。女性が立てたご主人様募集のスレッドに男性が連絡先付きで投稿し、気になった男性とやり取りをする形式が多い。

  • メリット:出会いの数を爆増させることができる。やり取りができる相手が増え、選択肢が増え、沢山の男性に会うことができる。
  • デメリット:男性の質が悪い事が多く、出会いは増えるものの見極めが難しい。文字でしか判断ができないので、会った時に約束を破られるなどのトラブルも多い。

 

チャットルーム

ネットで「SM 出会い」など検索すると無数の掲示板サイトが出てくる。サイト内で人数制限のできる「チャットルーム」を作成し、その中で会話ができる。

  • メリット:個別のチャットルームを設定すれば邪魔をされずにやり取りをしやすい。連絡先を交換する前に気が合わない時にもすぐにチャットから退出ができるのでリスクが少ない。
  • デメリット:バレにくい環境のため、男女ともに既婚者が身分を隠しているケースも多い。既婚者とのトラブルを避けたい女性の場合はしっかりと相手に確認する必要がある。

 

SNS(Twitter等)

「M女」として匿名でアカウントを作成し、ご主人様を募集したり奴隷募集をしている男性アカウントとコミュニケーションを取ることができる。

  • メリット:匿名で自分が求めている姿を設定したり発信ができるので、掲示板やチャットに比べ自分がどんな人間かという事を伝えやすい。
  • デメリット:誰彼かまわずM女を探している男性からしつこく絡まれたり、誹謗中傷をされるケースがある。基本的には楽しいツールである反面、悪意のある人物から攻撃されると精神的に病んでしまうことも。

 

調教ブログ

当ブログのような調教ブログというジャンルのサイト。

  • メリット:人物像が事前にわかったり、どんな調教をしているかを確認することができる。
  • デメリット:ほぼすべてのサイトが多頭飼いであり、単頭飼いを希望する女性には合わない。他の女性の様子も写真等で見られるので、自分で比較してしまい落ち込むことも。

 

どんな男性に注意するべきか?

ご主人様を探すというのは、実生活の中ではとても難しい。それゆえにネットでご主人様を探す女性は多いだろう。顔が見えず、普段の人柄も見えない状態でやり取りがスタートする。

真剣な主従関係を望む男性もいれば、一度セックス出来たらラッキーというように性欲の発散だけを目的にする男性もいる。

やり取りをするうえで以下のようなポイントに注意してみよう。

 

相手の経験値を確認しておく

動画やネットで得た知識を自分の経験のように話す男性もいる。

今までどんな主従関係を経験したか?NGは守ってくれるか?相手の好きなプレイは?このあたりは確認しておいた方が良い。例えば自分のNGにしているプレイが相手の好きなプレイだった場合、約束を破ってNGプレイを実行されてしまうトラブルもある。

 

最初はオープンスペースで会おう

どれだけ事前のやり取りで興奮状態になっていたとしても、相手の人柄が見えていない状態でいきなりホテルで待ち合わせるようなことは避けよう。

テラス席のカフェや、他にも人がいる居酒屋のような場所をオススメする。

 

矛盾や嘘をつく男性は絶対NG

やり取りの中でコロコロ経験人数が変わったりフリーの期間が変わったり、細かなものでも矛盾をする男性は絶対に信用しない方がいい。NGの約束についてもその場で口先の返事をしたものの、実際に2人きりになった時には平気で約束を破ったりする。

良い人だと感じていても、話が食い違ったり年齢や経験など細かな嘘をつく男性はさけておいた方が無難だ。

 

まとめ

サブミッシブの女性は主従関係を経験すればきっと幸福度は上がる。それは間違いない。

しかし信頼できるご主人様・パートナーと出会うのが非常に難しい世界でもある。一時に性欲で、勢いだけで関係を結び傷ついたM女を沢山みてきた。

ご主人様を探す前に、この記事の内容を一度思い出してほしい。

今回記載した記事に関しての細かな内容はブログの他の記事にも書いているので、お時間のある時にご覧頂ければ幸いです。

↓当ブログからの調教を希望する場合はこちら

調教希望の女性はこちらへ

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-注意喚起

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5