調教記録・体験記事

屈辱という性癖(愛華 27歳)

愛華の2回目の調教について書く。

都内某所で待ち合わせ、そのままホテルへと移動する。

緊急事態宣言がなければ食事や飲みに行ってから調教を行うケースも多いが、最近はあえてホテルに直行するようにしている。

彼女は才色兼備を現したような女性で賢く気遣いもあり、とても引き締まった身体をしている。

会話も楽しく、調教以外の時間に行うコミュニケーションも彼女の魅力のひとつだ。

 

ただ、奴隷としての彼女は極端に羞恥心が強い。

 

僕は彼女に屈辱を与え羞恥心を煽ることを楽しんでいる。

ホテルの部屋に入ると、彼女が着るのを躊躇うような衣装を渡す。ゆっくりとした動作で着替えた彼女を相応しい場所に連れていき、僕がシャワーを浴びている間にオナニーを命じた。

 

バスルームから出ると、彼女はトイレの個室からだらしなく声を漏らして自慰に溺れていた。

首輪にリードを点け、部屋の中を散歩させる。

知的な彼女は犬のように扱われることに興奮し、酷く発情した。

部屋の中をしばらく散歩させた後、足の指を一本一本丁寧に舌で掃除させ、褒美に犬用のエサ皿で食事を与える。

 

美意識の高い女性にとって、顔の扱いはとても慎重だろう。

よく精査した化粧品を使い、「大人」の表情を作り上げる。

そんな彼女の整った表情を、鼻フックと開口具で飾り付けていく。

不細工に吊り上げられた鼻の穴、剥き出しになった歯茎がとても可愛らしい。僕にしか見せない姿にこそ、奴隷としての愛らしさがある。

 

この表情は僕と彼女のとても大切な秘密だ。

 

そして、彼女が最もなりたくなかった最悪な姿で部屋の隅に放置する。

彼女を「ある姿」にして部屋の隅に飾った。

 

僕は調教希望をしてきた女性すべてにこのような行為を行う訳ではない。

別の行為がその女性を最も色っぽい姿にしたり、もっと酷い事をする事もある。

どんな調教がその女性を最も「奴隷」にするかは様々である。

調教に際して、僕はきっと本人よりもその女性の事を考える。表面的ではない、潜在的な願望を。

 

彼女にはこの調教が最も女性として辱めを感じる手段であると判断をした。

頭が良く自分を律することができる彼女を、どうしようもなく言い訳のできない惨めな状態にすることが。

 

股間からは規則的な機械音が響き、無理やりに開かれた口からは悲鳴かうめき声のようなものが聞こえる。

僕はベッドで休みながら、彼女から漏れ続ける嬌声を楽しんだ。

 

調教希望の女性はこちらへ

最高に満たされた姿で(愛華 27歳)

 

-調教記録・体験記事

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5