日記

多頭飼いはご主人様によって関係性が異なる

 

当ブログ経由で調教希望の問い合わせをしてくる女性から「多頭飼いの環境が想像できません」という質問を頂く。

これはご主人様を求めながらも、想像していた1対1の関係ではない主従関係に対する困惑なのかもしれない。

僕はいま、調教記録に載せている女性も載せていない女性も含めて複数の女性を奴隷として所有している。

普段彼女たちのことは「従者」と呼称している。彼女たちは服従すること、支配されることに快楽を覚える。

また彼女たちは一般女性ならば腹を立てるかもしれない「所有される」という自身の環境を望み慕ってくれている。

 

1対1の主従関係(単頭飼い)も多頭飼いも、人によって関係の作り方は異なる。

「主従関係とはこういうものだ」と説く人は沢山いるけれど、それが女性の望む関係に合致しているかはわからない。

もしくは男性が従者を作ることを優先しすぎて女性に合わせていくのであれば、結果的に女性が望んでいた支配とは程遠くなってしまう事もある。

女性がご主人様を探す時に、元々の自分の性格として嫉妬深い関係性に不安を抱きやすいのであれば迷わず単頭飼いを希望するご主人様を求めた方が良い。

欲求の解放であるはずの性癖や主従関係においてストレスの種を作るべきではない。ストレスを感じれば感じるほど相手の事を考えてしまい、余計に依存してしまうこともある。

 

嫉妬も不安もマイナスな要素と捉えずに、自分の個性として付き合っていくしかない。

しかしご主人様を探す時には、わざわざ自分が辛くなる方に進んでいくこともない。

 

何度かブログにも書いているが、以下のように意図的に多頭飼いを求めるM女もいる。

多頭飼いを望む女性

  • 恋愛とは混同したくない
  • 1対1でありたいという事より「誰の奴隷になりたいか」の優先度が高い

一例としては僕の従者にはこういったM女が多い。

従者同士を接触させるかどうかも主の方向性による。わざと競わせたり、2名以上の奴隷を絡ませる調教を行う主もいる。

女性がその環境に深く溺れることもあるので、これらが悪いという事ではない。その環境を理解して主を選ぶ女性いるだろう。

 

僕は自分の趣味嗜好・価値観から奴隷同士を接触させてはいない。奴隷側からすればあまり多頭飼いをされているという感覚はないと言われることが多い。

調教を行う時には相手の表情や変化を注視しているので、1人の従者への調教でないと自分自身が集中できない。安全に配慮ができない。

普段のやり取りは平和なもので、従者の好きな小説や音楽、仕事や恋人の話を聞くのがとても好きだ。

 

自分がしたことのない経験を従者は沢山しているし、性的な関係だけで終わってしまうのはとても寂しい。どこまで踏み込みたいかは女性側の気持ちや個々によるが、人柄をよく理解した上で主従関係を持てたらこんなに幸せなことはない。

肉体を犯すよりも精神を犯す方が、ずっと主従関係を感じられる。

僕は彼女たちに肉体的な調教を施すことも、彼女たちが精神的に少しずつ自分の好みに変わっていくこともとても愛おしい。

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-日記

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5