調教記録・体験記事

溶けていく品格(愛華 27歳)

愛華の調教について書く。

調教記事やTwitterでもふれてきたが、日常での彼女はとても聡明な女性である。

知力・人間性ともに申し分なく、待ち合わせにはいつも品のある格好で現れた。

しかし調教を重ねるごとに、彼女の中ではどろどろとした奴隷としての素質が育っているように思う。

 

ホテルに入り、彼女を躾けるための道具をテーブルに並べていく。

部屋に入ってすぐ、彼女にたっぷりの浣腸を注ぎ込んだ。羞恥心が強い彼女にいつでも排泄のリスクがある状態で調教を始める。

極端に面積の小さな水着を着せ、浣腸を我慢させたまま自慰を命じシャワーに入っている主人を待たせる。冷静沈着な人格は消え去り、媚びるような声で主人を呼び続ける。

 

シャワーを出るとそのまま口で奉仕をさせる。

ひどく興奮した彼女は、空腹状態でエサを与えられた動物のようにそれを貪った。

首輪を着け、四つん這いで部屋の中を散歩させる。最初は犬として振舞うことにも抵抗があったが、今では顔を僕の足に擦り付けて媚びる。知性のかけらもない下品な雌犬に育ってきた。

彼女によく似合うエサ皿で食事をさせる。頭を踏みつけ、食べやすいように補助をしてあげた。

所得も生活水準も高い彼女はより惨めな姿を晒し、食事を続ける。

情けない姿で犬食いを続ける彼女の陰部を、最も苦しくなるような強さで責め続ける。

↓動画リンク

IMG_8990

部屋の一角、一段高くなっている場所に彼女を連れていく。こちらに見えやすいように尻を高く上げさせ、彼女の羞恥心を最大限に煽る躾を行う。

色のつきやすい綿棒を、1本1本彼女の肛門に挿し込んでいく。

「許してください」

1本増えるたびに、彼女は消えそうな声で懇願する。

しばらく彼女の肛門を凌辱した後、彼女によく見えるように汚れた綿棒を並べた。

泣き出しそうな、さらに発情していくような表情で彼女は汚れた綿棒を見つめていた。

 

ベッドの上でゆっくりと奉仕をさせた後、拘束した彼女を道具で責め続ける。

何度も絶頂を向けた彼女は逃げることもできず、悲鳴をあげ続けるしかなかった。

敏感になった身体に挿入し、拘束されて鳴くだけの塊になってしまった彼女を犯す。

↓動画リンク

IMG_8981

 

惨めて下品になったはずの彼女からは普段よりもずっと色気があったように思う。

サブミッシブが心から服従する幸福感が、彼女の表情に現れていた。

 

調教希望の女性はこちらへ

-調教記録・体験記事

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5