調教記録・体験記事

人生が台無しになるほどの悦びを(美純 24歳)

奴隷との出会いを求める男性は「ありのままのあなたを受け入れます」「欲望を解放させてあげる」といった言葉を並べる。

多くの場合に省略されがちだが、相手を受け入れる技術というのは実はとても難しいように思う。

簡単に手を縛っただけでも堪らなく羞恥を覚えるM女もいれば、破滅寸前まで追い込まれることで快楽を得るM女もいる。

今回は後者の女性、美純(みすみ)の調教について記したいと思う。

 

美純から調教志望の連絡をもらった後、メッセージや電話で様々なことを話した。

美純には一度ネットで出会ったご主人様がいたようだが、信頼関係の継続が困難な仕打ちを受けてすぐに関係が終わってしまったようだ。

こういった経験をして憧れていた主従関係の世界から距離を置いてしまう女性は少なくない。しかし美純は再度、主従関係を経験してみたいという気持ちから問い合わせをくれたのだった。

最初に会った時には調教をせず、食事をしながら会話を重ねた。

彼女の何気ない言葉やエピソードなど情報が増えるにつれて、対照的に僕の中で彼女が求める「性」が削り出されていく。

しばらく話をしていると、よくできた彫刻のように剥き出しの彼女がそこには残った。

 

彼女の性格は穏やかで、それを象徴するような落ち着いた服装をしている。

顔立ちも整っており、彼女に好意を抱いた男性は少なくないだろう。

それに反して彼女はほとんど人を好きにならなかった。

それよりも強く、彼女は支配される事を望んだのだ。

 

初めての調教の日、ホテルに入ると僕はベッドに腰掛けて彼女に一枚ずつゆっくりと服を脱ぐように命じた。

日常動作でさえ命令がなければできない不自由さに彼女は興奮し、少しずつ肌を露わにしていく。

部屋で一人だけ裸になった彼女は、土下座で調教を乞う。

頭を踏みつけると、言葉にならない声を漏らした。

 

シャワーを浴びた後、裸のほうがずっとマシだったと思えるような下品な姿に彼女を変えていく。

ローターを仕込み、しばらく洗面所に彼女を放置する。

前回の記事で取り上げたが、彼女は絶望に興奮する変態だと僕は判断していた。

僕は自分で見返すために調教中の写真を撮るが、彼女が奥底で望んでいるのはそれだけではない。

言い訳ができない程の弱みを握られ、抵抗ができない状態で調教されていく。

それが彼女の願望だった。

僕は弁解のしようがない下品で無様な姿を彼女に命じる。

身分証をカメラに向けピースをする彼女の姿を知人が見たら、きっと彼女を軽蔑するだろう。

彼女にしゃがむように命じ、犬らしく舌を出させる。

そのまま執拗に股間を責めた。

首輪にリードを着け、命令を伝える。

「犬になりなさい」

そう命令した時に、中途半端な人間らしさはいらない。

彼女を一匹の雌犬として芸を仕込んでいく。

興奮した様子で彼女は犬用の食器に入ったエサを頬張る。

犬として僕に甘える時、彼女はとても安心しているような表情を浮かべていた。

舌を丁寧に使い、乾かないくらいにねっとりと足に奉仕をしていく。

ベッドに移動すると、彼女に鼻フックを着けて美しく配置された表情を歪ませていく。

鼻の穴を無理やり吊り上げられることをひどく恥ずかしがったが、許すことなくそのままフェラチオを命じた。

しゃぶらせたままこちらに身分証を向けさせ、さらに羞恥的な写真を収めていく。

先に撮っていたがに股でピースしている動画を大音量で観せながら、休むことを許さず奉仕を続けさせる。

最後はその下品な姿のまま彼女を抱くことにした。

 

調教未経験の女性の場合、多くは実際には自分が何を経験したいのかわかっていない。

サブミッシブという服従を嗜好とする世界は情報が少なく、また出てきた情報が自分に合致するものかもわからない。

今回の記事を読んで主従関係が怖くなった女性もいるだろうし、反対により強烈に興味を抱いた女性もいるだろう。

美純は沢山の情報を晒して写真を撮られ、人生を棒に振りたい訳ではない。

彼女が性的に最高に興奮するのがこういった調教・主従関係だったというだけだ。

彼女はとても常識的だし気遣いも一般的な感情表現もある。

しかし今回の調教を受けている時の、艶っぽい表情の彼女を僕はとても綺麗だと思う。

 

今後も彼女の人生を握り締めるような調教を行っていく。

調教希望の女性はこちらへ

※参考 前回記事

【M女の願望解説】「絶望」という性癖の女性たち

-調教記録・体験記事

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5