調教記録・体験記事

【グラビアアイドル調教 22歳】自分が最も溺れられる自分に

みなみの初めての調教について書く。

実は彼女とは以前から関係を結んでおり、すでに何度か調教を行っている。

今まで彼女は調教記事としてブログに掲載されることを躊躇っていた。しかし調教が進み奴隷としての色が濃くなってきた中で考えも変わり、掲載されてみたいと思うようになった事から今回の筆を執る。

彼女は現在グラビアアイドルとして活動しており、仕事柄こういったサイトで人と出会うことや調教を受けることに強い抵抗に感じていた。

しかしある時、想いが募り当ブログの調教希望から以下のようなメッセージを送ってきた。

SMを体験してみたいです。

今まで調教の経験はなく、ずっとノーマルになりたいと悩んでいました。でも、自分の本質は変わらないことに気づきご連絡差し上げました。

私が興味あるのは羞恥系です。とにかく恥ずかしいことをさせられてみたいです。

 

当初彼女は、仕事におけるリスクや自身の性格を考慮して一度きりの調教を希望した。

僕は基本的に継続を前提とした主従関係を結ぶので、一度のみといった体験希望のようなものは受けないケースが多い。

それは時折来る芸能系のような希少性の高い仕事をしている女性からの調教希望でも同じことである。

しかし彼女のメッセージの中にあった「自分の本質は変わらないことに気づき」という一文に切実さを感じ取り、コミュニケーションを取るようになった。

そして、彼女が憧れていた主従関係の世界に手を引き入れることにした。

 

某日、新宿のホテルで待ち合わせを行った。

部屋に入り改めてみなみが希望する調教や関係性について会話を重ね、僕は彼女を躾けることにした。

目の前服を脱がせると、汚したことがないような白い肌と豊乳が現れる。

ベッドに座らせ、手枷をかけた状態でこれから使用する彼女の身体を隅まで観察していく。

女性がネットで知り合った見知らぬ男から性行為を施されることにも大きなリスクがあるのは重々理解している。

人前に出る仕事している女性はもちろん、一般の仕事をしている女性にもそれは等しい。

しかしそういった中でも、自分の中にある「奴隷になりたいという願望」と向き合い連絡をくれる女性を僕は尊敬し尊重する。

彼女の体つき・反応の良い部分、それらを確認した後、僕は彼女をバスルームに連れていった。

魅せるために作られた彼女の潔白な身体に大量のボディーソープをかけ、僕の身体を清めるための「道具」として使用していく。

 

バスルームを出た後、彼女の白い肌が下品に彩られるような衣装を与える。

金のマイクロビキニにピンクのタイツ。

彼女はルックスだけではなく学力的にも非常に高い能力を持っているが、そういったバックボーンがより彼女の惨めな現状と薄暗い奴隷願望を際立たせる。

 

 

僕と彼女の秘密になるが、みなみの願望は普段の穏やかな彼女からは想像もつかないような屈辱的で羞恥的なものである。

屈辱や羞恥は表現がしにくく分かりやすい願望ではない。パートナーを探す際にも、微妙な感覚のズレが原因で上手くいかないケースも少なくない。

彼女はその繊細な願望が満たされる可能性を感じてくれたのかもしれない。

僕はベッドに腰掛けながら、みなみが下品に映えるポーズを命令していく。

 

 

彼女には股間を責められたいという願望もあった。

犬のチンチンのポーズを取らせたまま、股間を軽く蹴り上げ、時折足の指でまさぐってやる。

 

自ら股間を擦りつけるように指示をすると、みなみは無様に腰を振り続けた。

形の整った胸を自ら触り、ご主人様を楽しませるよう命令する。

 

「自らの身体を使って楽しんでもらう」

僕はみなみにそういった感覚を植え付けていく。

大衆向けではない、特定の主に楽しんでもらうことを目的と認識させる。

 

そして自分の立場がわかるよう、似合った皿でエサを与える。

様々な方法で、自分が奴隷であり玩具である事がコンフォートゾーンであることを認知させる。

 

エサ皿で食事をしたという事実が、彼女から自律した女性という自尊心をそぎ落としていく。

自分の最も堕ちた姿を見せた男性に、女性は抗うことを諦めていく。

 

気位の下がった彼女をベッドに寝かせ、強制的に嗅覚が反応してしまう香りをもったオイルを施していく。

激しく触れる必要はなく、ゆえに彼女は物足りなさを感じたまま愛撫に耐えるしかない。

 

彼女の体が極まったところで、僕は彼女を抱いた。

 

この日のすべてが終わった後、彼女に「一度切りで調教を終える」という選択肢はなくなっていた。

僕が誘導した訳ではなく、彼女自身がそれが最適解だと判断したのだ。

昔からサブミッシブ女性の事ばかり考えていた中で得た(現時点での)結論としては、従者としての素質と見た目の美しさは必ずしも比例しない。

ゆえに、相手がどんな仕事をしていようが容姿端麗であろうがフィルターをかけずに注意深く女性を観察し対応する必要がある。

このブログに問い合わせをくれる女性の多くは、素敵な恋人がいたりアプローチされる男性には困っていない。

調教希望をした女性自身も、自らの容姿ゆえに忖度をされセフレのような扱いをされることは求めていないだろう。

僕は女性に屈辱と羞恥を与え、自分の好みに躾けることしか考えていない。

日常の穏やかな会話や静かな食事でさえ、それらをより際立たせるための時間だと思っている。

リスクと躊躇いを越え奴隷になることを選んだみなみを、彼女がより溺れられる姿に調教していきたいと思う。

 

調教希望の女性はこちらへ

 

【22歳女子大生調教 初音】歪められていくサブミッシブ

【27歳OL調教 愛華】普段の自分から離れていく快楽

【30歳OL調教 楓】美しくも、醜くも

奴隷の調教記録はこちら

調教記録・体験記事 | 東京 M女のための調教ブログ (smblog.jp)

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-調教記録・体験記事

あなたは18歳以上ですか? このサイトは性的表現を含みます。

© 2022 東京 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5