日記 S男性の気持ち・思考

調教を希望する女性たちが考えていること

僕は普段女性を調教する様子や主従関係に対する考えについて綴っているが、実は自分が何を考えてSM調教を行っているかという事についてはあまり触れていない。

それは自分と関係を持ってくれた従者が知っていればいいという方針によるものだ。

このブログの中の記事の多くは汎用的なもので、初心者M女が初めてご主人様を探したいと思った時に注意してほしいポイントを中心に書いている。

「主従関係」という言葉を聞いた時にイメージする光景は十人十色で、ソフトなペットプレイを想像する人もいれば重厚なボンデージSMを想像する人もいる。

調教希望を頂く女性側でもそれは同じで、経験がないゆえに具体性はなくとも理想としている関係や姿があるのだと思う。

問い合わせを頂いてからのやり取りの中で、僕がその女性の願望を表現できるか、自分自身も楽しんで関係を持てるかということを精査させて頂いている。

どれだけ美人でも相性の良い従者になる訳ではないし、未経験でもぼくとの主従関係の世界を深く楽しみ、尽くしてくれる女性もいる。

今回は自分が何を考え調教を希望する女性に接しているかそのエッセンスを書きたい。

その中で、調教を希望する女性他の女性たちはどんな事を考えているのかといったことにも触れていく。

いつもよりも幾分、個人的な内容となる。

 

このブログから調教を希望する女性の特徴

「M女のための調教ブログ」から調教希望のお問合せを頂く女性の多くは調教未経験の女性主従関係で傷ついた経験のある女性が多い。

 

調教未経験の女性

まったくSMの経験がないか、過去に恋人とおふざけ程度のSM・ソフトSM程度の経験がある女性である。

元々持っている願望がもっと奥深いものなので、中途半端なSMではかえって欲求不満になってしまいもっと多くの経験をしてみたいと問合せを頂く。

簡易なプレイで満足ができなかったということはその時点で根深い願望を持っているケースが多く、恋人がいながら並行して奴隷となる女性もいる。

僕自身の考え方がまさにそうだが、恋愛と主従関係は同時に成立しないと思っている。

もしくは分けた方がより没頭できると考えている。

恋人とご主人様では相手に対して求めているものが異なるので、それを同じ相手に求めるのは難しい。

特に自分が奴隷である環境に深く溺れてみたい女性ほど普段気を許している彼氏の中にご主人様を求めるのは困難だろう。

そんな言説の一方で、恋人兼主従関係というパートナーシップを結ぶ男女も数多に存在する。

あくまでそれは嗜好や方針の違いであり、僕の考え方としては混同しないというだけだ。

実際に僕の従者たちの大半は素敵な恋人がいる。従者たちも僕には恋愛を求めていない。

支配と被支配を楽しむ関係である。

 

過去の主従関係で傷ついた女性

以前主従関係を経験したものの、心に傷が残るような終わり方をしてしまった女性である。

この例にはパートナーと長く関係を持って解消したケースと、関係初期で終わってしまった例があるが、今回は後者のパターンについて書く。

実例としてはSM掲示板等から男性と出会ったものの実際にはSMの体裁を取った都合の良い相手だったり、NGにしていた行為(中出しなど)を強要されたケースもある。

約束していたNGを破る男性側の心理としては大きく二つ考えられる。

注意

  1. M女であればNG強要すら喜ぶと思っている
  2. 関係が長く続く自信がないので初期に自分のやりたいことをやってしまう

どちらも男性の勝手な思い込みである。

M女は強引であったり無理に強制される事に興奮すると考えており、女性からすれば本心・強い注意として話していたはずのNGを本心では望んでいると自己解釈し行ってしまう。

また本質的に自分に自信がなく「いつ相手の女性が自分がから離れていくかわからない」「もしかしたら一度きりで終わってしまうかもしれない」と考える男性は自分がやりたい行為を最初~2回目の調教に詰め込んでしまう。

長く時間をかけて主従関係を構築していくという発想がないのだ。

主従関係は特別な世界に見えるかもしれないが、相手の気持ちに配慮をするという点では普通の恋愛や友人関係と変わらない。

男性から望まぬ行為を強制され怖い体験をしてしまった場合、多くの女性はネットからの出会いやSMに対し悪いイメージを持ち離れていってしまう。

しかしそんな中でも「どうしても自分が楽しみにしていた主従関係を経験してみたい」とこのブログから調教希望を頂く女性もいる。

もちろん僕がすべての女性を幸福にできる訳ではないが、それでも自分が誰かの従者になる楽しみを経験して欲しいと思う。

 

調教を希望する女性に与えたいもの

SMにおける汎用的な言葉でいえば羞恥と服従が主な嗜好となる。

女性が恥ずかしいと感じる行為、精神的な服従を感じられる所作の命令などを行う。

具体的には首輪をつけてのペットプレイ・下品な奴隷としてのポーズ・足舐めなど屈辱を感じるような奉仕をさせる事が多い。

僕は女性に屈辱を与えるのが好みだ。

その女性が恋人を含めた他の男性には見せられないような表情を見せ

他の男性には吐かない堕落した台詞が零れ落ちる。

賢いはずの頭を床に着け、

高級なレストランで食事をしたその口に犬用のエサ皿で食事を与える。

 

そんな行為を与えた時、不思議なことに女性はひどく興奮している。

主従関係やSM調教に興味がありながらも自分から発信することはできず、また恋人や友人にもそういった願望は相談ができない。

しかしある日できた絶対的な存在によって、自分が望んでいた以上の事を突き付けられる。

それを繰り返し自分が誰かの所有物であることをじっくりと理解させていく。

 

僕は関係を持つ前に必ず女性のNGプレイを確認している。

それを強制する趣味はないし、NG行為をされるリスクを感じていると女性が調教に集中できなくなってしまうからだ。

しかし調教を続ける中で、女性自身の嗜好が変化することがある。

NGだと思い込んでいたプレイに興味を持ち、受け入れたいと思うようになる。

その変化を明確に伝えることで、女性は自分が奴隷として変わってきていることを認識する。

その頃にはもう、調教を受ける前の自分には戻れないだろう。

もちろん生理的にNGなものは変化しないので、それを強制することはない。

しかし性的嗜好がノーマルからアブノーマルへと変わっていく過程で、女性のメンタルも奴隷のそれへと変化していく。調教を経験したことがなかった自分が懐かしくなるほどに。

 

僕の考え方としては、サブミッシブの女性はその服従嗜好を満たす経験をした方が間違いなく人生の幸福度は上がると思っている。

長く躊躇ってしまい、いざ踏み込むことを決意した時には家庭環境や年齢が原因で踏み込めなくなってしまう。

もちろん40代でも50代でもご主人様を探すことは可能だが、一般論というよりはその女性の環境が主従関係を許さない場合もある。

「M女のための調教ブログ」から頂く悩み相談の中でも、もっと早く踏みこんでみればよかったと後悔している女性は本当に多い。

結婚後はリスクが高かったり、自分への自信がないことが理由のようだ。

 

僕も含め、ネットで男性と出会うことには大きなリスクが伴う。

主従関係が自分に必要な要素かどうか、見て楽しむだけでも充分ではないか。

良いな、と思う男性に出逢えたなら、その男性と関係を結んだ自分を想像してみると良いかもしれない。

その自分が幸福そうな顔をしているなら、一歩踏み込んでみることで日常は変わるだろう。

 

【22歳女子大生調教 初音】書き換えられていく

【30歳OL調教 楓】美しくも、醜くも

【28歳医療職調教 美憂】歪である美しさ

従者たちの調教記録はこちら

調教記録・体験記事 | 東京 M女のための調教ブログ (smblog.jp)

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-日記, S男性の気持ち・思考

あなたは18歳以上ですか? このサイトは性的表現を含みます。

© 2022 東京 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5