願望が言葉にできない女性は

Twitterや各ブログ等を見ていると、様々なタイプのS男性が存在する。 何かのプレイに特化した男性や、SMとは名ばかりの強引なセックスをするだけの男性。 勿論SMや調教に正解はないので、嗜好の近い者 …

名前の付かない奴隷たち

2019/09/07   -日記

このブログには「調教記録」というカテゴリーがある。名の通り、僕が奴隷を調教した時の様子を文章や写真に収めたものだ。 女性には仮名を付けている。 カテゴリー別で見ると、閲覧されている頻度が最も多いのも調 …

主従関係はオーダーメイドであるべき

残念ながら主従関係のパートナーが変わる機会は不意に訪れる。 それは男性も女性も傷つくことだし、避けられるならば避けたいと願う人も多いだろう。 別れを切り出した途端に今まで尊敬の対象だった主人がストーカ …

汚れてなお美しく(優樹菜 25歳)

昨晩、都内にて新規の女性の調教を行った。 最近は仕事で多忙を極めていたせいでやり取りを始めてから実際に会うまでに時間が掛かり、1か月ほど待たせての調教となった。 事前に写真等は確認していたが、待ち合わ …

異邦人

2019/08/28   -日記

最近は仕事の忙しい日々が続いており、自分からはほとんど人と連絡を取っていない。 元々作家とコンサルタントの仕事を兼業しているので、一般的な社会人よりも単純に業務量が多い。 幸い今は期日に追われるような …

溶け合う「秘密」

2019/08/26   -日記

御主人様が出来た時に世界が変わるという話を、僕は何度かこのブログに書いた。今でもそれは決して大袈裟ではないと思っている。 特に今まで自律していた女性は初めて自らの恥態を見せられるパートナーに出会えた解 …

快楽主義者と独裁者

2019/08/24   -日記

僕はよく、恋愛と主従は相容れないと言う。 恋愛はまず自分の良い部分を知ってもらい、上手くいけば関係が始まる。対照的に主従関係は(一般的には)隠しておきたい変態性や嗜好を相手に知ってもらう事から関係が始 …

短編調教小説「新世界」

2019/08/22   -小説・散文

待ち合わせ場所に、裕也はいつも正確な時間に現れる。正確だからこそ、五分前から待っていれば樹里が裕也を待たせることはなかった。 「行こうか」 現れた裕也は、挨拶もなしにそう言って歩き出す。 樹里は小さく …

マゾヒズムとサブミッシブ

2019/08/20   -SM, 日記

マゾヒスト・サブミッシブの女性の心理について、もう長いこと思案をしている。 自分の奴隷の心理を理解したいし、純粋にそれらの心理状態に興味があるのだ。 大学の講義や書物から得た情報の他に、自分自身が奴隷 …

奴隷によって関係の保ち方は異なる

2019/08/18   -日記

奴隷によって関係の保ち方は異なる。 それは連絡を取る手段であり、調教の内容であり、叱り方や褒め方に現れる。 そもそも、奴隷である以前に女性としての人格がある。その特性は個々に大きく異なるので、いつも同 …