日記

主従関係で大切なこと

投稿日:2018年1月22日 更新日:

 

僕はよく、調教は女性によって内容を変えると話している。

主従関係、取り分け奴隷に位置する女性の気持ちは繊細なもので、一方通行の調教では関係は長くは続かない。

新しいご主人様に出会った時、初めて調教を受ける時、女性側はされた事がないような責めを受け、相手の男性が特別であるかのように感じる。

主従関係の相性の良さは、関係が長期的になった時に現れる。

新鮮味が無くなった頃、女性側がその男性からの調教を継続したいかどうかというところに差が生じる。

男性側の満足だけを追っていたような調教であれば、女性はきっと関係を疑問に思うだろう。

奴隷は男性の性欲を発散する道具ではない。

女性側がご主人様に惚れこみ、より丁寧により気持ち良く奉仕をするように心掛ける事は良好な関係であると言える。しかし男性のやりたい事、男性の快楽だけを追求するのは主従関係ではない。

それはただの肉便器だ。

調教に必要なのは、加減乗除だと思っている。

その女性に足りないモノを足し、余計なプライド等を引き、良い部分を掛け算式に増幅させ、過剰なものを割く。

女性によっては、乗がいらなかったり除が不要な事もある。

奴隷として迎えた女性をよく観察し、その女性が最も美しくて最も醜くなる方法を選ぶ。

調教を行う主従関係は、女性にとって大きな選択だ。

男性をよく精査してほしい。もしも主従関係を結ぶか悩んでいる男性がいるのなら、気軽に相談のご連絡を。

悩み相談

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望  

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メンタル・スケッチ

心から慕うことができる主人と関係を結んだ時、日常は変わる。 厳密に言えば、初回の肉体的な調教を受けた日から変化が訪れる。それは良くも悪くもだ。   普段の生活の中かネット上か、たまたま縁があ …

no image

古い話を

  半年くらい前のことだった。 新宿の改札を出た直後、いきなり肩を叩かれた。驚いて振り向くと、僕以上に驚いた顔がそこにはあった。 そこにいたのは中学校まで一緒の同級生だった男性である。 彼は …

白夜に手を振って

夜がいつも同じ色であるとは限らない。   精神状態は、視覚に様々なフィルタをかける。 初めて首輪をかけた夜は青白く甘く、首輪がちぎれた夜には暗黒色が視界を満たしていく。 サディストだろうがド …

主従と恋愛、単頭と多頭。

恋愛と主従はまったく異なるものであると思うし、非常に近似したモノであるとも思う。 初めて女性を調教した時から、恋愛と主従の「似ている」と「似ていない」を何度も繰り返して来た。 僕は恋愛と主従を同じ相手 …

溶けていく現実

世界が変わる瞬間というのは、長い人生の中で何度か訪れる。   色彩が移ろい、かたちが変化し、溶けて、収束し、霧散する。 概念と形容とが連続して、「私」と「あなた」が作られる。   …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。