よくある質問への回答

このブログから経験できる事

投稿日:

当ブログでは日々調教希望悩み相談の問い合わせを頂く。

ブログの雰囲気から僕に興味を持って下さってご連絡を頂く事が多いが、今回は最近読み始めた方向けにどんなプレイや関係を経験したい女性の嗜好に合うかをまとめておきたい。

先んじて書くと、僕は多頭飼いと言われる主従関係を実践している。

多頭飼いというのは一人の主が複数の奴隷を調教することを言う。多頭飼いは不誠実だと思う人もいるだろうし僕も昔はそう考えていたが、現状自分の生活スタイルに最も合うのがこの関係だ。

奴隷側には配偶者や恋人がいる場合も多く、僕はそこには干渉しない。本命のライフパートナーには言えない趣味嗜好を共有できる相手として主従関係を結ぶ。

自分だけを見て欲しいといったタイプの女性には多頭飼いは苦しいと思う。他の奴隷への嫉妬に悩む日々が続くだろう。

単頭飼い(1対1)と多頭飼い、どちらが正しいかといった議論に意味は無いように思う。一番トラブルが起きるケースが多いのが、単頭飼いをうたっておいて別のパートナーとも関係を持っているケースだ。信じていた分傷つくだろうし、主人も浮気相手も憎くて仕方がないだろう。

単頭飼いが良いか多頭飼いが良いかは、自分に合ったものを選べばいい。

現状僕は複数人の女性と主従関係も持っているが、皆奴隷としてよく尽くしてくれているし、それぞれとても良い関係を築いている。

 

調教内容について

調教内容については女性の嗜好や性格によって組み立てるが、指標としていくつか例を挙げたいと思う。

僕は羞恥調教・快楽調教を中心に行う。

羞恥調教では首輪をつけてのペットプレイ、露出、奉仕、排泄管理、居酒屋等での玩具責めなど屈辱を伴うようなもの。

快楽調教では拘束、玩具、アナル、性感帯の開発等。

もちろんNG行為については事前に確認しておき、女性が禁止にしている事はしない。

 

ブログへの記事投稿について

ブログへの記事投稿については女性側の意向を優先する。調教写真掲載の有無についても同じだ。

実際に調教を経験した女性から言われるのは、調教中に僕がどんな事を考えていたかが知れて嬉しいということだ。

何の密接な関係もない人がその言葉を聞いても何も感じないだろうが、主従関係の中で相手の考えている事や思いを知れることはとても尊い。

僕も奴隷側の考えや気持ちは理解していきたいと思っている。

 

問い合わせをすれば調教体験ができるのか?

問い合わせがあった女性100%と関係を持っている訳ではない。

それは偉そうに選別しているわけではなく根拠がある。

募集する女性像については調教希望の問い合わせフォームにも記載しているが、事前のやり取りの中で主に肉体的にハードな調教を希望する女性、多頭飼いに向かない女性などはお断りをしている。

関係を結んでもお互い幸せにはなれないとの判断だ。精神衛生上良くない事は極力排除しておくべきだろう。

 

主によって調教スタイルは異なるが、僕は精神的な主従関係を重んじる。

所有される喜びを経験したい方は関係を楽しめるかもしれない。

 

今読んで下っている当ブログ含め様々なS男性に触れ、調教を経験してみるといい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-よくある質問への回答

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

調教ブログから初体験をする時には

調教を受けてみたいと思った女性の多くは、まずはインターネットで関連サイトを探すだろう。 いきなりハプニングバーに飛び込んでみようとか、知人の男性に性癖を打ち明けてみるといった冒険をすることは少ないし、 …

管理人について(よくある質問への回答)

今回は僕について少し書きたい。 普段僕は友人や奴隷に対しても、あまり自分の話をしない。ただ聞かれることが多いので、一度簡単に纏めておきたい。   「調教を受けてみたいけどmukuroさんがど …

女性が主従関係に興味を持つ切っ掛けは

以前、このような記事を書いた。   「誰にも言えなかった性癖を自分が開放してあげます」の真実 お時間があるようならばリンクの記事を一読して頂ければ幸いだが、要約するとネット上の疑似S男性がよ …

「御主人様」という性癖

昨日の記事に関して、女性からのお問い合わせを多く頂いた。 内容としては様々だが、純粋に興奮したというものもあれば、自分も人に言えないような特殊な性癖があるので聞いて欲しいというものもあった。 中には、 …

no image

調教を受けた後の自分はどうなるのだろう

  「調教を受けた後の自分はどうなるのだろう」   これは調教未経験の女性が不安にも、楽しみにも思えることだ。 今日は少し抽象的な日記を書こう。 調教を受けてみたいと考えている女性 …