よくある質問への回答 日記 注意喚起

ご主人様を選ぶもっとも大切な基準

投稿日:

今、ご主人様を探している女性・すでにいるご主人様との関係に悩む女性に向けて書く。

 

僕は以前、以下の記事を書いた。

信頼とは会えない時間の過ごし方

この記事について端的に説明すると、会って調教を受けている時にはお互い心身ともにスイッチが入っているので幸福感がある。しかし日常的な距離感やコミュニケーション方法の中にストレスや関係破綻の切っ掛けがあるという主旨だ。

これはせっかくご主人様と関係を結べたサブミッシブ女性が行き当たる悩みである。主従関係は結んでからの方が悩みは増える。

 

この問題を防ぐ方法として、パートナー探しの時点での注意すべき事を書いてみたい。

まず始めに女性は、何かのきっかけで「SM」というプレイがあることを知る。緊縛をしたり玩具を使われたり、アブノーマルで変態的なプレイに興味を持つ。

この時に想像するSMは受け手としての姿なので自分はMかもしれないというトリガーが入る(気づく)。

次の行動としては彼氏とのソフトSMプレイを楽しんだり、興味のある情報をネットで検索するようになる。

情報が増えてなお興味は尽きず、程度の差はあれやはり自分はMなんだと確信めいたものになるだろう。

そして情報を収集する中で調教主従関係という言葉に行き当たる。この先、Mの女性は大きく2パターンに分かれる。

興味はありながらもネットや動画の中の世界の出来事と割り切る女性と、さらに興味が出てしまい実際に経験できるパートナーを探す女性である。

 

このパートナー探しで悩み傷つく女性はとても多い。

 

実際にパートナー探しという観点を持ってネットを見始めると、有象無象にS・サド・ドミナントを名乗る男性が多いことに気づく。

「今までに〇人調教した」

「早く新しく買った道具を使いたい」

「興味のある女は連絡してこい」

どこかで拾ってきた画像を自分がしているようにコメントを付けながらツイートしたり(単発は良い、毎回続ける男性は微妙)、一方的にメッセージを送り続ける男性も多い。

 

男性は自分がどんな調教ができるかをアピールしたがる。

 

パートナーを探す女性としては相手を選ぶ基準がわからず、取り合えず人柄の悪くなさそうな人とやり取りを始める。

そのまま良いパートナーに巡り合って上手くいく女性もいれば、事前の約束とはまったく異なり怖い思いをする女性もいる。

具体的には、初回は話だけと言いつつ強引にホテルに誘われたり、NGと伝えていたプレイを強要されたりといった事だ。

この時の男性の心理としては次回はないかもしれないからとにかくヤリたい、抱いてしまえば関係が始まる、NGについてもやってみれば女性もハマるという浅はかな考えがある。

少しでも信用できないと思ったならばやめておくか、逃げやすい場所で会うようにした方がいい。

経験したいことが緊縛に特化しているのであれば、緊縛教室などで有料のしっかりとしたサービスとして楽しむこともできる。

しかしドミナント(支配嗜好)とサブミッシブ(服従嗜好)の関係としてのパートナーを探すのであれば、規定のサービスやルールに守られた中で相手を探すことは現状難しい。地道に相手を探さなければならない。

 

男性も女性も、「プレイ」を切っ掛けに主従関係に興味を持つ。

そして「ご主人様」であったり「首輪」であったり、自分が最も強く興味を持つキーワードが見えてくる。

相手を探すうえで気をつけなければいけないのは、パートナーはプレイ以外の部分で選ぶべきだということだ。

 

言葉、行動、価値観、思考

 

賢く配慮のある男性ならば、実は嗜好の差はそれほど問題にはならない。

プレイを好きになって始まった関係はプレイに飽きた時点で終わる。飽きるのはいつも男性が先だ。少し遅れて女性が傷つく。

人を好きになって始まった関係は長続きする可能性が高いし、その中で行われることはどんなプレイでも楽しめる。

 

調教や主従に憧れ、やっとの思いで関係を結ぶ。

しかしそれが原因で余計に悩みや苦しみが増えるM女はとても多い。

せっかく憧れた関係の実現に進むのだから、今までで最も自分を大切にしながら相手を探して欲しい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

 

-よくある質問への回答, 日記, 注意喚起

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハプニングバーってこんなとこ

  SMでの出会いの場の一つとしてハプニングバーがある。ある、とは言ったものの得体の知れない店であることは間違いなく、未経験の方からすれば敷居も高いだろう。 最近あまり行かないが、僕も時折東 …

ネット出会いの今と昔

コラムのようになるが、自分が歴代運営してきたサイトを通して感じたネット出会いの今昔について書いてみたい。 継続して読んで下さっている方はご存知かもしれないが、僕は高校生の時から自分でサイトを立ち上げて …

no image

肉体的な責めは手段でしかない

  自分にとって相性のご主人様とはどんな人物か。言い換えれば、M女が幸福になるS男性とはどんな人物か。 今回はその点に言及したい。 ネットで、リアルで、出逢いのきっかけは様々で、知り合ってか …

枯れた向日葵

昔から、僕は少し変わっていたのかもしれない。 つまらない昔話を書きたい。   小学生の時、校庭で向日葵をスケッチする授業があった。 皆が綺麗に咲いた向日葵を囲む中、僕はまわりよりも先に枯れて …

思い出さなくていいように

懐かしい人の夢を見た。 僕は当時その人のことをとても好意的に思っていたけど、その人の中で僕は「良い人」であれたのだろうかと今でも思い返すことがある。 僕はなるべく綺麗な文章を書きたいと思っているけれど …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。