M女の願望解説

【M女の願望解説】ポゼッションプレイ/人間家具/人間便器

このカテゴリー記事ではプレイ別に潜むM女の願望について解説する。

「M女とはこういうものだ」と決めつける意図ではなく、こういったプレイや調教を望む女性は自分にはどんな願望があるのかを把握するための参考にご覧頂ければと思う。

※本記事には一部汚い表現を含むため閲覧注意

 

ポゼッションプレイとは

ポゼッションプレイとは奴隷を家具道具のように扱うプレイを意味する。

具体的には奴隷をテーブル・足置き・椅子・蠟燭台・オブジェ・便器などに使用し、人間家具や人間便器といった名称を用いることもある。

M女を肉便器といった表現をするAVや漫画は多々存在するが、多くの場合ここで指す肉便器とは「好き勝手に使用できる性の吐き出し口」としての便器を意味する。

ポゼッションプレイにおける人間便器とは、名称そのままの道具としての便器を意図し主人の排泄物を口で受けたりといった使用をされる。

その他には主人が休息を取る際の足置きに使用されたり、羞恥的な格好をさせて部屋の一角にただ置いておくこともある。

SM調教においては多くのプレイがあり、男性の嗜好に基づくものと女性の願望に基づくものがある。

ポゼッションプレイはAV・漫画・二次元画像(イラスト)・海外のSM画像・に登場する事が多く、男性側の趣味嗜好により実現するケースが多いように思う。

どんな女性が興味を持つか?

ポゼッションプレイに興味を持ち興奮する女性はサブミッシブ(服従嗜好)だけではなくマゾヒスト(被虐嗜好)の素質も兼ね備えている可能性がある。

ポゼッションプレイとは一種の人格否定だ。人間であることを、女性であることを無視され道具にされる。

これまでの経験から、ポゼッションプレイに性的興奮を覚える女性は概ね2種類に分かれる。

ポイント

  1. 容姿に恵まれ、常に人から注目を浴びてきた女性
  2. プレイ問わず、とにかく主の嗜好を実現したい女性

 

容姿に恵まれ、常に人から注目を浴びてきた女性

美しく、男性から好意を持たれることが多い女性はその真逆の扱いをされる事に興奮するケースがある。丁寧とは正反対であり、同じ場にいることも忘れられているような扱いに酷く発情する。

こういった事を書くと「女性は酷い扱いをすれば悦ぶ」と勘違いする男性がいるが、それは大きな間違いである。

ここに辿り着く前に、それを行う主に対して屈服・服従している必要がある。自分にとって逆らえない絶対的な存在という前提がなければ、そもそもこのプレイを行うに至らない。

しかし自分が敵わないと感じた相手の管理下であれば、自分の容姿を無視されたような調教、人格否定につながるような調教は美しい女性を酷く興奮させる。

傾向としてはもともと自己評価が高い女性が多い。自惚れているという意味ではなく、努力に基づく自信があったり、自分に対し適正な評価をしている女性である。

 

プレイを問わず、とにかく主の嗜好を実現したい女性

これは女性側がとても素直で、主の願望はすべて自分で実現してほしいと考えているパターンである。

傾向としては自己評価が低く、そんな自分を可愛がってくれる主の望みはすべて叶えたいという献身的な性格に基づく。

少数派で特殊プレイであるポゼッションプレイを特別な行為とは考えておらず、多々ある自分が実現する(したい)調教のうちの一部と捉えている。

 

まとめ・注意すべきこと

ポゼッションプレイは視覚的に興奮する要素が強く、奴隷ができたら実現してみたいと考えている男性も多いかもしれない。

しかし人間便器などは衛生面や喉の詰まりなど危険も多く、入念な事前準備と知識が必要となる。

主が忠誠心の強い奴隷に一般用の蝋燭を持たせたまま立たせ続け、手に火傷を負った女性の話も聞いたことがある(※SMでは低い温度で蝋が溶ける低温ローソクを使用する場合が多い)。

よく言われる話ではあるが、SMにはケガや危険に繋がるプレイが沢山ある。

まずは相手が安全に配慮ができるパートナーであるかどうかを見極める事が大切だ。

 

調教希望の女性はこちらへ

-M女の願望解説

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5