よくある質問への回答 注意喚起

パートナーを探す男性心理【SM出会い系編】

投稿日:2018年1月7日 更新日:

 

今回はパートナーを探す男性心理について書きたい。男性はこんなことを考えながらM女を探しているということを認識して頂ければと思う。

ちなみに今回はSM出会い系を利用してパートナーを探している男性について述べる。

僕も出会いの場としてSM出会い系を利用したことがあるし、実際に良い出会いを経験したこともある。そこで知り合った女性たちに聞いた情報も交え今回の記事を書き進める。

実際にSM出会い系サイトを利用した経験としては女性にはとても使いにくいツールであると思う。

■SM出会い系ってこんなとこ

そもそもサイトを利用している割合がざっくり(サクラがいないと仮定して)男9:女1 程の割合になる。

SM出会い系は掲示板形式のサイトが多い。そんな中様々な年齢層の男性が本当か嘘かわからない情報を書き連ねている。具体的には「調教経験豊富です」「どんな女でも躾けます」といったものだ。

男性女性どちらも書き込み(スレッド立て)が出来て、それに対してレスをして気になった方がいれば個別で連絡を取る…といった形式が多い。連絡方法についてはサイト毎に様々だが、LINEのIDやフリーアドレス(Yahooメール等)を交換するケースが一般的だ。

■男性はこんな気持ちで利用している

マイナス面から話をすれば、男性の多くは自分の経験を多めに語る。男性側が初心者だと女性も不安になって連絡をして来ない。男性も出会い系を利用しているうちにそれがわかってくるので、さも経験が豊富であるかのように振る舞う。

「何人もの女性を調教してきたが今はフリーです」といった書き込みが散見されるが、問題は本当に経験豊富な人も混じっているということだ。

スレッドの書き込みのみから判断をすることは非常に難しい。もしも気になったならば、いつでも切れる連絡先(フリーアドレス等)を交換して実際にやり取りをしてみよう。会話の中で矛盾が多いようならば、あまり信用のできない男性であると判断できる。

初心者故に調教中の安全に配慮ができなかったり、事前に決めたNGを平然と破ったりする。結果的に、女性が楽しみにしていたSM・調教の経験がトラウマになってしまう場合がある。

男性は女性に比べAVを見る機会等が多いので、AVで行っていることに対して憧れを抱いている。しかしAVはあくまで作品なので、過剰演出になっているものがほとんどだ。しかし男性は嫌がっている女性を見て本当は喜んでいると勘違いをする。めちゃくちゃな縛り方をして女性の身に危険が及ぶことも多い。

プラスの面で話をすると、やはり出会いのチャンスが増えることは間違いないだろう。事前にしっかりやり取りをして、実際に会う。男性側の合意が得られるのならば、初回は調教なしの食事のみでも良いと思う。

普通のセックスとは異なるので、一度始めてしまうと女性側が抵抗できない場面は多い(縛られている等)。NG行為を強要されたり、リベンジポルノにもつながりかねない。

マッチするパートナーに出会えればあなたの世界を広げてくれることは間違いないが、どうか一時の性欲と興奮に流されないように注意してもらいたい。

■少なくともこんな男性は絶対にNG

SM出会い系を覗くと本当に多いのですが「俺様が調教してやるからさっさと連絡してこい雌豚」というタイプは完全にアウト。

「こんな奴いるのか…」と疑問視すると思うが、こういった書き込みは本当に多く、特に40~50代の男性に多い。

調教とは主従関係という立場上自分よりもかなり年上の男性に憧れる女性も多い。20代女性と40代男性の組み合わせも当たり前のようにいる。男性が出来た方であれば、社会経験としても調教パートナーとしても頼りになることは間違いないだろう。

しかし性欲のはけ口としてお相手の女性を探している男性が多いのも事実で、乱暴にさえすればM女性は喜ぶと勘違いしているタイプだ。さすがにこのような書き込みに反応する女性は少数派だと思うが、ご注意を。

次にやり取りの中で嘘や矛盾が多い男性もアウトです。例えばしばらくやり取りを続ける中で、前に話していた職業と違ったり調教歴(年数)が変わったりするタイプ。

このタイプの男性は出会い系を利用し続ける中で、女性ウケの良い回答を適当に重ねているうちに自分でも細かい嘘がわからなくなっている可能性がある。

この手の男性で危険なのは事前に決めたNG行為を破る可能性が高いという点だ。先述した俺様タイプは「俺が希望することは何でもやらせろ!」と事前に騒ぐのでリスクを回避できる。

しかしこちらの矛盾や細かな嘘が多いタイプは適当に話を合わせて実際の調教までもっていき、女性側が離れたら「また次を探せばいいや…」という発想がある。とても女性側が望んでいる関係ではないだろう。

 

今回記事にした男性のタイプはほんの一例だ。チャンスの多いSM出会い系だが、利用には十分注意をしてもらいたい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-よくある質問への回答, 注意喚起

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めてネットから男性に会う時に注意すること

  前回の記事でも書いた通り、特殊な性の世界はネットやSNSでの出会いが主流となって来ている。 今は閲覧専門であるM女も、いつかリアルな調教の世界に足を踏み入れるかもしれない。今回はネットか …

SNSに見られる、突然別れる主従パートナーについて

SNSに見られる主従パートナーについて書きたい。 ある日、糸が切れたように主従関係の終わりを知らせる投稿が流れてくる事がある。 ほんの2日前までは主への感謝や尊敬を発信しており、周りからの祝福も…なん …

主従関係における、二人の中での正しさ

自分の調教の核となっている思考について書く。 今後このブログからの調教を希望する女性は、僕がどんな事を考えてM女に調教を施しているかの参考にして欲しい。 Twitterや各種ブログを閲覧していても感じ …

誰が誰を調教するのか

「奴隷を一人貰えませんか?」 先日、こんなDMが来たとTwitterに書き込んだ。 今回取り上げてツイートしたが、このような問い合わせは実は高い頻度で送られて来る。 この言葉に対しては様々な思いがある …

主従と恋愛、単頭と多頭。

恋愛と主従はまったく異なるものであると思うし、非常に近似したモノであるとも思う。 初めて女性を調教した時から、恋愛と主従の「似ている」と「似ていない」を何度も繰り返して来た。 僕は恋愛と主従を同じ相手 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。