日記

肉体的な責めは手段でしかない

投稿日:2018年2月22日 更新日:

 

自分にとって相性のご主人様とはどんな人物か。言い換えれば、M女が幸福になるS男性とはどんな人物か。

今回はその点に言及したい。

ネットで、リアルで、出逢いのきっかけは様々で、知り合ってから主従関係を結ぶまでの期間も万別だろう。

初心者のM女が陥りやすい間違いを取り上げると、肉体的な責め=調教ではない。

初心者のM女は、経験したことのないような拘束やSMチックな責めを受ける事を調教と勘違いする。

肉体的な責めは主従関係としてのコミュニケーションの一環であって、手段でしかない。

縛る、玩具を使う、それだけを楽しむ男性には注意してもらいたい。

確かに今まで経験した事のないプレイには刺激がある。初めてされた時には相手の男性を特別だと感じるだろう。

しかしそれだけを楽しむ関係はとても希薄で、主従関係とは別軸のモノだ。

ここで論じているのはセフレとのSMプレイではなく、あくまで主従関係の話である。

女性によって調教の仕方は異なる。以前にも少し触れた事があるが、何もしない事が結果的に最も女性を屈従させる事もある。

調教とは精神的な上下関係、主従関係だ。

SMごっこを調教と偽り、飽きたら次の女性へ向かう様な男性には注意して欲しい。

男性には、女性をその気にさせた責任があるから。

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主従関係は何を得られるか

SM調教や主従関係に興味を持つ女性は、自身が求めているモノが何によって補完されるのかを知りたいのだろう。 自分が渇望している欲求の正体が分からず、調教や主従関係によって満たされるのかもしれないと期待し …

二つの世界

このブログでは普段、M女性が危険を回避する為の警鐘のような記事を書いている。 無作為にメッセージを乱発したり、始めから主人であるように振舞う「勘違い」S男について記事にしている。 それらの記事を男性が …

きれいごと

主従関係に対しては千差万別の価値観がある。 「誰でもいいからとにかく誰かを調教したい」と喚き散らす男性。そんな男性を批判する女性。そんな女性に文句を垂れ流しながらも「もしかしたら…」が拭えずに接し続け …

スクラップ・アンド・ビルド

  毎年冬になると、雪の多い街に一人旅へ行く。地元民の生活を脅かす膨大な白は、皮肉にも旅行者の心を穏やかにする。 今年は世相から外出を控え、都内にある自宅で大人しく年の瀬を過ごしている。 & …

no image

踏み出す勇気

  僕は何人かの女性を持ち、女性については関係を解消したり新たな関係を構築したりを続けている。 このブログと、前のサイトからの問い合わせが定期的に僕のメールフォルダに届けられ、お互いに条件が …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。