SM よくある質問への回答 日記

完璧な女性、完璧な奴隷。

投稿日:2018年5月10日 更新日:

 

従順な奴隷になる女性ほど普段はSである。

これは長い経験から導き出した真理だ。しかし事実は上述しているほど単純ではない。

もちろん、見るからにMっぽく、実際にドMの女性もいる。

しかし普段はSっぽく、彼氏にすらSの対応をする女性がご主人様への対応だけは情けないほどのマゾになるケースは多い。

これは普段Sっぽい訳ではなく、自分を安売りしない姿が結果的にSっぽく見えているだけなのだ。

1人の女性が居たとしよう。

彼女は美人だが職場でもはっきりとした物言いをし、男性社員からも恋愛対象には見られていない。男女含めた他の社員以上のクオリティで仕事をし、コミュニケーション能力もある。口には出さないが、頭の悪い男が嫌いだ。

社内では恋愛対象に見られていないが、一歩外に出れば男性にモテない訳ではない。むしろ選べる立場にあるといえる。

恋愛やセックスの経験も十分にある。現在特定の男はいないが、誘えば食事や場合によってはホテルに誘ってくる男もいるだろう。

こんな絵に描いたようなデキた女性は、とても優秀な奴隷になる。それはご主人様が求めていることを察知する能力が高かったり、教えた奉仕の方法や立ち振る舞いなどを要領良く身につけるからだ。

このブログではよくご主人様になる男性は十分に精査しなければならないという話を書く。男性も女性も勘違いしてはいけないが、女性側も誰でも奴隷になれる訳ではない。

もちろん男女ともにただアブノーマルなプレイを楽しんでみたい人はいるだろう。それは遊びとして楽しめばいい。

また自身の問題に気付かないまま奴隷が見つからず、たまたまやり取りできた女性を取り敢えず調教してみるケースもあるだろう。

しかし僕はただヤリたい訳ではない。継続して、奴隷としての成長が見込める女性と主従関係を結ぶ。

普段完璧で、周囲と一定の距離感を保つための壁を作っている女性ほど壁の内側へ入られると脆い。面白いのは、彼氏ですら壁の外側へ置いている女性側も多いということだ。

僕は主人として壁の内側へ入る場合が多い。壁の中へ入られた女性は、経験がないので取り繕い方がわからなくなる。

また自分の情けない姿はしたない姿を剥き出しにされた時、その女性は初めて自分を晒け出す快感を知る。普段自分がどれだけ抑圧されていたかを知り、その快感を与えてくれる主人に溺れる。

賢い女性ならば理解できると思うが、当然の理屈なのだ。

例に挙げたような女性は、他人以上に主従関係の中で快感を得られる可能性が高い。

もしかしたら自分も……と思っている女性は、まずは悩み相談だけでもしてみて欲しい。

-SM, よくある質問への回答, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Twitterで調教パートナーを探す時に注意してほしいこと

Twitterでパートナーを探している男女は多い。 昨晩、栃木に出張に来ていた僕は久しぶりに美春と宇都宮でお酒を飲んだ。美春は以前Twitter経由で僕のブログを見つけ、調教を経験した女性だ。 深い海 …

no image

SM調教で注意するべき男性とは

前回の記事にも書いたが、ネット上でSMパートナーを探す場面は多々あると思う。 ネット掲示板などで出会うこともあるが、こんな男性には関わらないように注意して欲しい。 ■最初から「ご主人様」な男 ネット掲 …

no image

よくある質問への回答

  調教希望の連絡を頂く中で多い質問があるので、今回は記事として回答したい。 ■写真を含む情報の流出が怖いです。 最も多い問い合わせがこれだ。こちらに関しては、僕の嗜好をお話しておきたい。 …

no image

作家という職業

  僕は普段会社員として平凡に働いている。与えられた役割を全うしようと考えているし、成績の向上を図ることもある。本当にありふれたサラリーマンだ。 学生時代から続けているもう一つの職業として、 …

no image

夜に

  窓の外では、機嫌の悪い天気が続いている。 昨晩は編集の方と会い、本日は自宅で過ごすはずだった。 しかし仕事の都合でホテルに連泊をすることに。同じホテルに連泊しているが、部屋をシングルから …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2018年5月
« 4月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。