理恵 23歳 看護師

下半身が溶けるほどの(理恵 23歳)

投稿日:2018年5月28日 更新日:

 

先日、初めて調教を体験してみたいという23歳の新米看護師の理恵という女性と会って来た。理恵は今年の4月に就職のため福岡から上京してきたばかりで、まだ福岡訛りの抜けていない可愛らしい女性だった。

このブログから問い合わせをくれた理恵はアナル調教に興味があったらしく、事前のやり取りの中でヒアリングしていた「やってみたい事」はアナル調教のみ。それ以外は僕に任せるという約束で待ち合わせをした。

待ち合わせ場所に現れた理恵は細身で、ハーフのようなくっきりとした顔立ちをしていた。

予約していたダイニングバーに入り、お互いのことを話す。理恵は聡明で前向きに見えたが、病んで看護学校を休学していた時期もあったようだ。事前のやり取りの中では人懐こさと繊細さが現れていたが、会う前に抱いていたイメージは間違ってはいない様だった。

ホテルへ向かう。

やり取りや電話の中で理恵がひどく緊張しているのが伝わってきたので、彼女が好きだと言っていたばりバリ島をイメージしたホテルを選択した。

その配慮は奏功したようで、理恵はホテルに入ってから少しはリラックスができたようだった。

服を脱がせ、首輪をつける。身長も低く小柄な理恵は、本当に小動物のペットのように隷属した。

一通り「雌犬」としての振る舞いを仕込み終えると、理恵が眼で欲し続けたアナル調教へと進んだ。

風呂場で浣腸液を注ぎ、腸の中を洗浄する。理恵の細い身体に注ぎ込まれた浣腸液は、腸内に溜まっていた不要物を回収して再度体外に噴き出す。

汚いと思う方もいるかもしれないが、安全にアナル調教を行うための大切な準備だ。しかしこの作業は慣れていない人間にされると肛門が傷ついたり腸を損傷する可能性もあるので、十分に注意してもらいたい。

溜まっていた便と共に、理恵はひとつ解放されたような表情を浮かべた。これは比喩ではなく、人前で排泄をするという行為は自分を解放する行為だと、僕は思う。

ベッドに戻り、座っている僕の方に尻を向けさせる。

人肌に温めたローションを、丁寧に肛門に塗り込んでいく。徐々に肛門は弛緩し、僕の指を受け入れる。

「ああっ…あ!……あっ!!」

この時点で、理恵は我慢できないほど感じていた。

ほとんどの女性は最初はアナルに違和感を感じるだけだが、理恵は最初から高い感度を示した。人知れず、自分で慰めていたのだろう。

指である程度ほぐし終えると、アナルパールを取り出してゆっくりと理恵の肛門に挿入した。

ここから先は、声にならないほどに理恵は絶叫した。ずっと待ち焦がれていた自分の痴態、快感に耐えきれなくなったのだろう。

僕はその晩、理恵が立ち上がれなくなるまで激しくアナルを弄んだ。

-理恵 23歳 看護師

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2018年5月
« 4月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。