SM アブノーマル よくある質問への回答 日記

調教を受けた後の自分はどうなるのだろう

投稿日:2018年7月13日 更新日:

 

「調教を受けた後の自分はどうなるのだろう」

 

これは調教未経験の女性が不安にも、楽しみにも思えることだ。

今日は少し抽象的な日記を書こう。

調教を受けてみたいと考えている女性の話を聞くと、多くは中学生や高校生の時など、思春期の時点で興味を持っていることが多い。

それは処女・非処女関係なく、ノーマルなセックスよりも先に興味を持つ女性もいる。

容姿端麗で多くの男性とのセックスを経験してきた女性でも、言い出せないまま被虐嗜好を隠している女性も少なくない。というより、美しい女性は周囲が勝手に造り上げた理想像ができてしまい、本当に自分が求めるような汚い屈辱的なM願望をオープンにできずに苦しんでいる。

それなりのルックスの男性が相手ならば特に、完成した自分の姿が崩れ去るような内容を希望することは難しい。

それを上手く引き出してくれる男性に出会えたならば、本当に幸福だと思う。

 

「女性の多くはMだろう」「自分だけが隠していた相手のM性を見抜いた」

 

S男性の多くは、こうあって欲しいと考えている。

それはAVやアダルト漫画、ネットやTwitterの影響が大きく、自分だけ相手女性のM性質を引き出せたと思いたいのだ。

もちろんそれで上手くいく場合もある。純粋な性欲優先で、Sでありたい男性とMになりたい女性がたまたま出会えば、需要と供給が合致して関係を結ぶことができるだろう。

M女性にも色々なタイプがいる。SMプレイ(遊び)をM役で楽しみたい女性、どちらかといえばM程度の女性…。

しかし経験上、本当に奴隷として関係を結ぶ女性は特定の男性にだけMになる子が多い。御主人様と決めた男性にのみM奴隷として服従し尽くす。

調教を離れた私生活ではむしろSとも取れるような気丈さを持っている。そういった女性こそ、M奴隷として過ごしている時間に心酔し、ますます御主人様に溺れていく。

話を戻そう。

「調教を受けた後の自分はどうなるのだろう」

あなたが後者の普段はS、特定の男性にはMになる女性であれば、相性の良いパートナーに巡り合えた時には経験したことのない多幸感に包まれるだろう。

自分が最も人に隠したかった姿を喜々として晒し、絶対にしたくない行為をご主人様を喜ばせたい一心で行う。

今まで隠していた姿を開放できるというのは、創造しているよりも遥かに幸せなことだ。

普段は人並み以上の決断力を持っているあなたが、何も決定することができない。すべてはご主人様の意のままに。ご主人様を満足させることが最優先になる。

しかし満足そうな御主人様を見て、きっとあなたも満足するはずだ。

良い御主人様であれば、あなたに一方的な我慢を強いるようなことはしない。あなたが奴隷として完成するように、あなたが開放されていくように調教を重ねるだろう。

調教の世界は面白い。

新しい自分に戸惑いどうしていいかわからなくなるかもしれないが、良縁であればきっとあなたはなりたかった姿に調教されていく。

危険も多いネット出会い・調教の世界だが、十分に注意しながら良いパートナーを探して欲しい。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-SM, アブノーマル, よくある質問への回答, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【定期連絡】お問合せ・調教希望のご連絡を頂いた女性へ

定期的に記載する連絡です。 問い合わせを頂いた女性への返信が届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまっている場合がある様です。 通常2日以内には返信しておりますので、届いていない場合には再度お問 …

no image

調教希望 メッセージ送信時のお願い

  最近は閲覧をして頂いている方が多く、調教希望のお問い合わせも多く頂く。 問い合わせ内容を楽しく読ませて頂いているが、中にはこちらの求める情報がほとんど書かれていないメッセージもある。 こ …

no image

SMと調教の違い

  「調教ってなんですか?」 たまにこんな問い合わせを受けることがある。こういうサイトを覗いているのでSMや調教への関心や理解が強い女性ばかりかと思いきや、偶然こんなサイトに辿り着くこともあ …

新しい季節

夏の終わっていく匂いがする。 雲が茜色に燃えて、晩夏のぬるい風が吹く。 湿気を含んだ不快な空気がまとまりつくが、この湿気がなくなる頃にはきっと季節は変わっているのだろう。 きっとこの夏に始まった関係も …

no image

雪は誰に降るのだろう

  すっかり忘れていた。 以前、宇都宮のbarで知り合った女子大生がいる。 大学三年生の、工学部に通っている少数派(少なくとも僕のまわりに工学部に通っている女性はいなかった)の女性だ。 会社 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2018年7月
« 5月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。