日記

クドリャフカと目覚まし時計

投稿日:2019年3月5日 更新日:

 

執筆の関係で、深夜まで作業をしなければならない時がある。

普段はあまり夜更かしはせずに朝の早い時間から活動をするのが日課となっているが、時折深夜に作業を集中させる。

真夜中の雰囲気がとても好きだ。

静かで、厳かで、呼吸が整っていくのを感じる。

間接照明の穏やかなオレンジに照らされながら、部屋に静かにjazzを流す。

ウイスキーの琥珀が美しく、すべての物には相性があるのを感じる。

僕にとってオレンジ光・jazz・ウイスキーの組み合わせは無類だ。

 

進めなければいけない作業を終えた上で、その日一日のことを思い出す。

乾かしたシャツの匂い、珈琲の湯気、進まない原稿、奴隷との電話。

新しくやり取りを始めた奴隷には不安ばかりだろう。

夜中にふと作業前まで電話で話していた奴隷に連絡をしてみようかと思うが、それはきっと彼女の大切な夜を邪魔してしまう。

 

手に取った電話を机に置き、僕はなるべく遠くのことを考える。

深海の静かな火山や、遥か昔に宇宙に旅立ったクドリャフカのこと。

いつかそれを作品として書きたいということ。

世界が休んでいる真夜中に、呼吸と思考を整える。そうこうしている内に、別の場所では誰かが目覚まし時計のベルを止める。

 

堕落をしたり、少しだけ格好つけたりを繰り返しながら毎日を迎えたい。

毎朝真っ白な状態の原稿が目の前に現れる。

筋書が決まっていないのは些か不安だけど、そんなに悪い物語にはならないだろう。そう思いながら毎日を過ごす。

それを繰り返すことで、自分は生きているということにようやく気づく。

 

次は奴隷とどんな関係を築けるだろう。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

踏み出す勇気

  僕は何人かの女性を持ち、女性については関係を解消したり新たな関係を構築したりを続けている。 このブログと、前のサイトからの問い合わせが定期的に僕のメールフォルダに届けられ、お互いに条件が …

主従と恋愛、単頭と多頭。

恋愛と主従はまったく異なるものであると思うし、非常に近似したモノであるとも思う。 初めて女性を調教した時から、恋愛と主従の「似ている」と「似ていない」を何度も繰り返して来た。 僕は恋愛と主従を同じ相手 …

選択を捨てる奴隷

大人は何もかもを選ぶ事ができる。 大人になることは選択肢が増えるという事だ。 人を育てることも殺すことも、口紅の色を選ぶのと同じように選択をする自由がある。 しかし選択肢が増える事で、返って選択は難し …

ご主人様はどこまで踏み込むべきか?

以前Twitter上でアンケートを取りわかった事でもあるが、男女ともにフリー(恋人・配偶者無し)の主従関係の割合はとても少ないように思う。 現在僕が関係を持っている従者の中に既婚者はいないが、ほとんど …

世界の見え方

主従関係の感じ方は女性によって異なる。 御主人様との関係をオープンに発信していきたい奴隷もいれば、閉じた世界に隠しておきたい奴隷もいるだろう。 僕が飼っている奴隷の中でも関係の感じ方はまったく異なると …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。