日記

またいつか、真夜中に

投稿日:

誰でも真夜中を特別だと感じる時がある。

 

それは恋愛は上手くいかないと初めて知った14歳かもしれない。

社会の軋轢に心が壊れかけた35歳かもしれない。

 

いずれにせよ、空気の重い夏の夜も 刺すような冬の夜も、明らかにいつもとは色の違った夜がある。

考えごとの内容によっては、孤独は悪意を持って明確な形になる。

終わることを忘れてしまったような夜陰は、あまりにも茫漠としている。

 

大切になった相手、大切に想ってくれた相手。

それぞれはパンとバターに似ている。

本当に相性が良い相手に出会った時、バターは溶けてしまいバターであった事を認識できなくなる。

それはとても幸福なことだ。自我を強く保ち続けることだけがほんとうのさいわいではない事を例示してくれる。

僕らはバターから幸せの在り方を教わることもあるという事だ。

 

誰かを(或いは何かを)大切にできる時間というのは、とても限られた権利である事を覚えておかなければならない。

選択をできる状況である時、僕らはその重さを量り誤ってしまうことがある。

優しさだけが、善良であることが、いつも最適解であるとは限らない。

 

何かに夢中になっていてその夢が覚めた時、色々なことを思い出す。

風が吹いていたことや、慣れない駅で待ち合わせをしていたこと。

 

空になった瓶詰めのバターを眺めながら、真夜中に色々な事を考える。

 

誰かが去ってしまう寂しさを

そこに残されて、やがて冷えていく体温を

届かずに朽ちてしまった言葉を。

 

届けられなかった自分の不甲斐なさを。

醒めてしまう身勝手さを。

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

M女に見せたいもの

  数か月振りの更新になる。 ブログこそ更新していなかったが、代わりにしばらく会っていなかった人々と会う機会を多く設けた。 会社関係、出版関係、奴隷たち。 継続して関係を持っていた奴隷たちと …

信頼とは会えない時間の過ごし方

主従関係を結んでいると、その関係の保ち方について度々議論になる。 代表的なものが会っていない時間の過ごし方や、いわゆる「管理」の方法だ。ここでは主から従者に対する管理について論じる。 毎日の報告や連絡 …

no image

さよならの場所

  僕のところには日々、沢山の女性からの問い合わせが届く。 その中でやり取りが続き、実際に会って主従関係を結ぶ方、さらに継続して関係を持つ方というのは限られてくる。 一度会って調教を経験した …

思い出さなくていいように

懐かしい人の夢を見た。 僕は当時その人のことをとても好意的に思っていたけど、その人の中で僕は「良い人」であれたのだろうかと今でも思い返すことがある。 僕はなるべく綺麗な文章を書きたいと思っているけれど …

no image

女性との距離感、奴隷との距離感。

  僕は女性と話をする事が好きだ。すごく端的な言い方をすれば、女好きと言って差し支えないだろう。 しかし誰かれ構わず性の対象と捉えたり、飲みに行く=ホテルへ行くことを目的にする時代は過ぎ去っ …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。