日記

全体は部分の総和ではない

投稿日:2019年4月28日 更新日:

「全体は部分の総和ではない」

これは学生時代に学んでいた心理学の中で出会った言葉で、当時あらゆる事象に共通する真理であるような感銘を受けた。

言葉の解釈については個人差が認められるが、簡単に言うと「部分・部分を足したものが全体像ではない」という意味で遠くはないだろう。

SM調教においてもこれは当てはまる。

M女が強い興味を持ってネットやAVから情報を集める事もあるし、最近ではSNSで実際に調教を行なっている男女からのインプットもある。

一通り調教を経験するのと同じレベルの情報量を取り入れることは難しくないだろう。

しかし、毎日のようにネットを開いても調教に対する興味や欲求が満たされる事はない。

勿論実際に肉体的な刺激がないからという大前提があるが、主従関係においては部分と部分を繋ぐ有機物(あえてこの言い方を選ぶ)の役割は余りにも大きい。

説明をしたい。

ホテルに入ってから施す行為としての調教については、道具があればそれらしいことはできるだろう。

ただ主従関係にM女が求めているのは、とりあえず縛られたりとりあえず責められたりといった事ではない。

調教の日の事前連絡、声、仕草、ホテルに入る前後の言葉責め、甘言、あらゆる有機物があって初めて調教は調教の体裁を成す。

つまり、有機物とは主人を現す。

尊敬のない関係や信頼のない有機物は役に立たず、調教をつまらないものにしてしまう。

ご主人様を溺愛する奴隷が求めている餌は、調教そのものよりも有機物と言っても過言ではないだろう。

これを理解していない男性からの調教はつまらないし、快楽だけを通じての繋がりになってしまう。それはきっと長くは続かない。

ネットでひたすらに情報を集めるのも良いが、主従関係においては細かな有機物に楽しみが有るのを覚えておいてほしい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主の覚悟、従者の覚悟

「奴隷を持つならば主としての覚悟をしなければならない」   この言葉は様々な場所で散見される。 この言葉には正論しかないので、とても聞こえの良い言葉ではある。 肉体的・精神的なコミュニケーシ …

no image

理想の主従関係を考える

  僕はTwitter(@mukuro_smblog2)もやっているが、そこからこのブログに辿り着き、調教依頼の連絡を送ってくる女性もいる。 Twitterではすでに主従関係を結んでいる男女 …

主従関係における、二人の中での正しさ

自分の調教の核となっている思考について書く。 今後このブログからの調教を希望する女性は、僕がどんな事を考えてM女に調教を施しているかの参考にして欲しい。 Twitterや各種ブログを閲覧していても感じ …

快楽主義者と独裁者

僕はよく、恋愛と主従は相容れないと言う。 恋愛はまず自分の良い部分を知ってもらい、上手くいけば関係が始まる。対照的に主従関係は(一般的には)隠しておきたい変態性や嗜好を相手に知ってもらう事から関係が始 …

おもちゃの扱い方

ドミナントのS男性について考える。 個人的には根源としては純粋な性欲であり、掛け算式に性癖が合わさった結果の一つが主従関係と捉えている。性癖を性の好みとするならば種類は多岐に渡り、その中の一束がSM行 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。