注意喚起

主従関係は御主人様次第

投稿日:2019年5月12日 更新日:

僕のところには様々な想いを持った女性から奴隷志願の連絡が来る。

不安を押し殺しながら初めての主従に向け勇気を振り絞った女性、他の男性からの調教では満たされなかった女性。

僕のところに辿り着いた時点では想いも経験値も十人十色である。

 

僕と最も良い関係を築く女性は、精神的な隷属を望む女性だろう。

僕も嗜好としてはあまり特殊な事はしない。精神的な主従関係があれば、その上で行う肉体的な調教はどれも刺激的なものになる。

まず縛って、まず玩具を使って……というのは、それは男性が見たい姿をぶつけているだけだ(男性は視覚からの情報への興奮が優位である)。いかにも調教らしいことをしなければと焦る男性の調教はつまらない。

奴隷になりたいと願う女性にとって、肉体的な責めは二次的な要素でしかない。アブノーマルなセックスを楽しみたいのと主従関係を経験してみたいというのはまったく異なる階層だ。

主従関係の先にアブノーマルなプレイがあるのは主従(サブミッシブ)だが、御主人様への従属という考えはなく単に変わったセックスをしてみたいという気持ちが先に来るのであればそれは純粋に性行為に積極的であるのだと思う。

このブログから問い合わせを頂く女性は、どちらかというと前者、主従関係を求める女性が多い。

主従関係にも相性があり、主人の価値観がある。奴隷は主人の価値観に沿って調教を受けることが多いので、良質な価値観を持った主人と出会うことが肝要だ。

女性を駒としてしか考えていない男性と関係を結んでしまうと、主従関係とは名ばかりの精処理道具にされてしまう。最初はそれに対して女性側も興奮を覚えるかもしれないが、すぐにそれが自分が求めていたモノとは異なるものであったことに気づくだろう。

とりあえずの御主人様を見つけるのはとても簡単だ。しかしその先どんな関係を作っていくのかは御主人様の裁量によるものが大きい。

主従関係の中で、奴隷が決断をできる機会は少ない。関係を結ぶ時と、関係を終わらせる時だ。

関係の中で、御主人様に「ここを直してほしい」と言えるタイミングはあまりないだろう。男性側が自分本位な人間であれば、尚更奴隷の希望は聞き入れないことが多い。

しかしMな女性はもともと強引な男性に弱いので、自分から関係を断つことができずにずるずると都合の良い女にされてしまうケースもある。

  • 性欲に負けてすぐに関係を結ばないこと
  • 相手を良く見定めること
  • 関係が始まっても、違和感があったらすぐに伝えて解消されなければ関係を潔く断つこと

 

調教・主従関係の世界に興味のある女性は、この点に注意して良好な主従関係をスタートしてもらいたいと思う。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング
 

-注意喚起

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サブミッシブは4つのタイプに分けられる

奴隷にもいくつかのタイプがある。   「自分はMだ」 漠然とこんなこんな風に自分を捉えているM女は多いと思う。 それはどちらかといえばM程度なのかもしれないし、どうしようもない被虐嗜好を持っ …

SNSに見られる、突然別れる主従パートナーについて

SNSに見られる主従パートナーについて書きたい。 ある日、糸が切れたように主従関係の終わりを知らせる投稿が流れてくる事がある。 ほんの2日前までは主への感謝や尊敬を発信しており、周りからの祝福も…なん …

他所の奴隷さんを通して感じること

  主従関係の中で女性として成長する奴隷がいる。奴隷としてではなく、女性としてだ。 たまに他の主従関係を結んでいる男女と食事をすることがあるのだけど、優良なS男性と関係を結んでいる奴隷たちは …

欲求と行動のバランス

僕は文章を読むのも書くのも好きだ。 誰かが書いた文章で感銘を受けることもある。それは活字化した名作だけではなく、メモの切れ端やブログの一文といった場合もある。 感情や頭を使って紡がれた言葉は美しいと思 …

素直に話せたら

  このブログでは調教希望の連絡の他に、日々悩み相談の連絡を頂くことも多い。 僕は基本的に女性の話を聞くのが好きなので、恋愛、不倫、調教に対する不安など様々な相談を受けることが苦にはならない …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。