日記

好奇心に犯される

投稿日:2019年5月27日 更新日:

主従関係や調教の世界に興味を持つ女性は、好奇心に犯されるといえる。

 

出会わなくてもよい(問題が生じない)物事に関心を持ってしまった時、それは真っ白な布切れにひとしずくの赤ワインが滴下されたかのように、じんわりと布の面積から白を奪っていく。

大きな点ではない。だが自然に消えることもない。時折薄くはなるが、目を凝らせばやはりそれは存在する。染み渡る速度は人それぞれだが、気が付けばほぼ全体が覆われていることも少なくない。布きれの端から滴っていることさえあるだろう。

好奇心故に、溺れてしまった女性は判断力を失う。早まった出会いを求めたり、誤った選択をし続ける。間違いから抜け出せなくなる。

成人し自律(自立ではなく)した人間である女性が、選択を許されない、思考や嗜好さえ染められていく絶対的な主に服従する。この一見異常な関係は、サブミッシブ(服従嗜好)の女性を幸福にする。

ノーマルな女性では永遠に理解ができない感覚だろう。

 

良質な主従関係は、女性の感情をより豊かなものにする。

怒りは沸く、悲しみは溢れる、喜びは貫く。

 

主が命令し、従者が従う。それが理不尽であっても、二人の仲では最適解である場合もある。

僕は多頭飼いの主従関係を保っているが、目の行き届く人数は限られている。際限のない多頭飼いは必ず従者を不幸にする。

女性にとっての幸も不幸も様々だ。

普段まったくミスをしない凛々しいキャリアウーマンの女性が、首輪を着けられてホテルの床に四つん這いになっている姿が最も幸せを感じる場合もある。

重要なのは、今持っている事実だけから結論を出すのは早計ということだ。

思考をしよう、行動をしよう。

安全に守られた中では、主従関係はとても良いものであると思う。

 

僕はもう、永らく抜け出せないでいる。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望


アダルトブログランキング
 

-日記

執筆者:


  1. 牡丹 より:

    初めてコメントさせていただきます。ツイッターからブログを知り、ここへたどり着きました。

    好奇心に犯されるって、とてもわかります。

    今はまるで関心のないように日々を過ごしていますが、ただ布切れを絞ってみただけで、染みは消えないんだなと実感しているところです(笑)

    mukuroさんの記事は言葉選びや表現が素敵で、小説や雑誌のコラムを読んでいる感覚になります。

    長文失礼しました。
    更新楽しみにしております。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信頼とは会えない時間の過ごし方

主従関係を結んでいると、その関係の保ち方について度々議論になる。 代表的なものが会っていない時間の過ごし方や、いわゆる「管理」の方法だ。ここでは主から従者に対する管理について論じる。 毎日の報告や連絡 …

no image

雪は誰に降るのだろう

  すっかり忘れていた。 以前、宇都宮のbarで知り合った女子大生がいる。 大学三年生の、工学部に通っている少数派(少なくとも僕のまわりに工学部に通っている女性はいなかった)の女性だ。 会社 …

マゾヒズムとサブミッシブの違い

マゾヒスト・サブミッシブの女性の心理について、もう長いこと思案をしている。 自分の奴隷の心理を理解したいし、純粋にそれらの心理状態に興味があるのだ。 大学の講義や書物から得た情報の他に、自分自身が奴隷 …

主人が奴隷にできることは少ない

主人が奴隷にできることは、実はとても少ない。 調教を受けたことのない女性の多くは「きっと調教を受ければ今まで誰にも言えずに求めていたものに出会えるだろう」「新しい自分に出会えるかもしれない」そう考えて …

no image

このブログからの出会いについて

  以前、ネットでの出会いに警鐘を鳴らす記事を書いた事がある。 https://smblog.jp/2017/09/02/ネット出会いでの怖い体験 ネットを介しての出会いに注意を促す反面、特殊 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。