よくある質問への回答 日記 男性向け記事

主従関係はオーダーメイドであるべき

投稿日:

残念ながら主従関係のパートナーが変わる機会は不意に訪れる。

それは男性も女性も傷つくことだし、避けられるならば避けたいと願う人も多いだろう。

別れを切り出した途端に今まで尊敬の対象だった主人がストーカーのようになってしまう事もあるし、奴隷側が同じような精神状態になる事もある。

相思相愛だった時には見えなかった相手の実像が鮮明に見えて来たり、別れが近づいているからこそ否定的に見えてしまう事もあるだろう。

主従関係は理不尽や依存を楽しむものでもあるので、良好な関係を持っている時にまわりが見えなくなるのはそれはそれで良い。

奴隷側は「ご主人様が他の女性に対して興味を持たないで欲しい」と切に願うだろうし、ご主人様が絶対である世界を楽しんでいる。

そこでは一般常識的な正しさは不要であり、二人の中での正しさが重要となる。

しかし関係が終わった時にはどうか。

奴隷側には前の主人の価値観や主従の定義が刷り込まれており、日々寂しさを感じたり次のパートナーを探す際に少なからず障害となるだろう。

しかし実際にパートナーが変わった時、意外な程に従者は次のパートナーの色に染まる。

恋愛でよく言われる男性は追加保存・女性は上書保存の概念が分かりやすいかもしれない。

男性側は昔の奴隷にも執着を示す傾向が強いが、女性は新しい主人に極めて高い集中力を発揮する。これは切り替えを行う女性が軽薄という訳ではなく、脳とメンタルの性別による違いだ。

主従関係でよく見かける光景がある。主が支配権を振りかざして奴隷を粗末に扱っていたのに、実際の別れの際には奴隷側が覚悟を決めており主人側がすがるというパターンだ。

奴隷の「個」を理解しようとしない男性は何度でも同じ間違いを繰り返す。一度格好良く別れた後も、何か理由をつけて連絡をする。

「お前は間違っている」「お礼が言いたい」

言い回しは様々だが、男性は女性への未練を捨てるのに時間が掛かる。

 

主となる男性が陥りやすい問題について書きたい。それは調教スタイルについてだ。

どのような調教を行うかを明確にする事はパートナーを探す上で賢明ではある。

女性側がその男性を選ぶ物差しにもなるし、嗜好のアンマッチを防ぐことも出来る。

しかしこの時に男性は自分を慕って来てくれたパートナーに対して慢心してはいけない。そのマッチングは一時的に大きな興奮を覚えるが、女性は長い関係を求めている。

主従関係はオーダーメイドだ。

ワンパターンで誰に対しても同じ調教を行う事は男性側の思考停止である。「女性によって調教内容を変えるのは当たり前」と笑っている男性ほどワンパターンの可能性が高いので注意が必要だろう。

一晩だけアブノーマルなセックスを楽しむのなら良い。しかし女性は従者としての純度が高いほど長い関係を求めている。

どの所作が、どの言葉がその奴隷に響くのかを注意深く選ぶ必要があるだろう。

奴隷は主人が思っているよりはるかに主人の言動を大切に受け止めているのだ。

単頭であれ多頭であれ、奴隷ごとに調教方法は異なるという事を改めて認識しておこう。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-よくある質問への回答, 日記, 男性向け記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

調教希望 メッセージ送信時のお願い

  最近は閲覧をして頂いている方が多く、調教希望のお問い合わせも多く頂く。 問い合わせ内容を楽しく読ませて頂いているが、中にはこちらの求める情報がほとんど書かれていないメッセージもある。 こ …

M女が初めて問い合わせをする時

女性が奴隷になるために起こす最初の行動を、僕はとても愛おしく思う。 それが自分のブログであれ、別のサイトでの出来事であれ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 雨が降っている。 何度かブログにも書 …

ご主人様は絶対か?

初めての主従関係を結んだ時、あらゆるものが新鮮で魅力的に見えるだろう。 「主従関係」に酔いしれ、御主人様から与えられる様々なものに一喜一憂をする。憂いですら調教の一端であるように感じる。 主従関係の始 …

祈りと幸福

調教を受けると世界は変わる。大層な話だが、そう的外れでもない。   ほとんどの人は成人を迎える時点で、自分なりの物差しを持っている。 常識を理解しているし、常識が果たす役割も知っている。大抵 …

no image

作家という職業

  僕は普段会社員として平凡に働いている。与えられた役割を全うしようと考えているし、成績の向上を図ることもある。本当にありふれたサラリーマンだ。 学生時代から続けているもう一つの職業として、 …