日記

名前の付かない奴隷たち

投稿日:

このブログには「調教記録」というカテゴリーがある。名の通り、僕が奴隷を調教した時の様子を文章や写真に収めたものだ。

女性には仮名を付けている。

カテゴリー別で見ると、閲覧されている頻度が最も多いのも調教記録になる。

当ブログから経験できる調教のエッセンスが伝わりやすいのもこれらの記事ではないだろうか。

閲覧している方々にも読み物として楽しんで頂けたら幸いだが、この記事を最も楽しみにしてくれているのは奴隷自身だと思う。

調教が終わった後に記事をアップすると、僕が何を考えながら調教を行なっていたかが分かり嬉しいと言われる事がある。

きっと他の主従の皆様は普段から調教について話をしていると思うが、僕の奴隷は活字化されることに喜びを感じてくれているのかもしれない。それらはどちらが上位という事はなく、それぞれが奴隷とのコミュニケーションの仕方である。

僕は人の調教の話を聞いているのも好きだ。

 

対照的に、ブログに書けない(書かない)調教や奴隷というのも存在する。

それはどちらかというと奴隷側の事情であり、理由があり記事にはしない女性だ。写真はもとより、記事を恥ずかしがって断る女性もいる。

写真がNGな女性についてはネットへの掲載が云々というよりも、恋人がいたり人前に出るような仕事をしているためNGというケースが多い。

ただそういった女性も自分が調教されている姿を見てみたいという気持ちはあるようで、二人だけの共有物として撮影をして渡している。

書かない記事については内容が少しハードな物や特殊な性調教についてが多い。読んでいてあまりにも人を選ぶような内容は記事にはしない。

僕から特殊なことを強いることはない。女性側の希望を聞き、適切だと判断した調教が特殊なモノだったというだけだ。

そういったモノを先に認識してしまうと調教の世界に踏み込みにくくなるという事も踏まえ、記事にすることを控えている。

こちらから提案をしても、必ずしも受けなければいけない訳ではない。ただ実情としては好奇心が強く、経験をしてみる女性が多い。

付き合い方や調教内容については女性側の性格や嗜好、興味をもとに組み立てる。

ホテルでひたすら舌で奉仕をさせる時もあれば、居酒屋の個室でずっとローター、鼻フックを着けさせる事もある。

その女性が最も惨めで屈辱的で、自分が奴隷である事が自覚できる方法を取る。奴隷を辱める事に想像力は惜しまない。

刺激は女性側の想像の外からやってくるのだ。

記事に書かない女性の話のひとつひとつを、僕は大切に覚えている。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

古い話を

  半年くらい前のことだった。 新宿の改札を出た直後、いきなり肩を叩かれた。驚いて振り向くと、僕以上に驚いた顔がそこにはあった。 そこにいたのは中学校まで一緒の同級生だった男性である。 彼は …

琥珀色の呟き

早い時間から飲酒をしている。 ウイスキー、ハイネケン、コロナ。 今日は仕事に追われておらず、財布にはバーで飲むには充分な現金も入っているので飲みたいお酒を選ぶことができる。     …

no image

奴隷にするための準備

半年くらい前の話。 現在勤めている会社で仲良くしてもらっていたYさんが転職し、スイスに本社のある某食品メーカーに転職をした。 彼が転職をしてから2か月程経ったある時、新しい仕事も落ち着いてきたからとい …

SMや調教をすることは特別ではない

SMや調教をしている事を特別だと思ってはいけない。 ましてやドミナントである事を高尚であると勘違いする事は、その人自身を不幸にする。 僕ら(ドミナント)はたまたま性癖が特殊であっただけで、ドミナントが …

no image

M女は自分の気持ちを整理してみよう

  僕のところには調教希望の女性や性に関して悩んでいる女性からの問い合わせが多数送られてくる。 現状そのすべてに返信が出来ている訳ではないが、無数の女性とのやり取りの中で思うことがある。 M …