日記

首輪を着けられた世界は

投稿日:2020年3月2日 更新日:

人生のある時期に、首輪を着けられている時期があってもいいと思う。

それは何かの隠喩ではなく、物理的な話だ。

 

些細な切っ掛けがあり、ご主人様を探す女性がいる。それは学生の時分かもしれないし、社会人になってからかもしれない。

調教に憧れるといっても描いている姿は様々で、首輪を着けられた自分の姿を想像する女性もいれば、絶対的な存在を前に恥態を晒す自分を想像する女性もいる。酷く辱められて恍惚とした表情を浮かべる女性の姿に惹かれる場合もあるだろう。

 

簡単な単語に対して人が描くイメージは膨大で、膨大なイメージは抽象的になりがちだ。

 

「調教が好き」という欲求は何かの媒体を見ることで解消できるかもしれないが、「調教されてみたい」という欲求は代替が難しい。

替わりの利かなかった感情を抱えたまま、女性はご主人様探しをする。

過去にも書いたが、マゾやサブミッシブの気質がある女性はそれを経験することでしか満たされない部分がある。

普通のセックスの延長だけでは辿り着けない、とても歯痒い領域だ。

 

「誰かに調教されている」

 

これは実際に経験するまでは小説の中の出来事で、AVの世界で、頭の中の電気信号でしかない。

 

しかしそれは事実存在する。実際に首輪を着けられた者にしか分からない心地の良い苦しさがある。

裸で首輪を着けられた女性は、ある意味では皆変わらない。

医師も、モデルも、OLも、学生も、皆全裸に首輪を着けただけの屈辱的な情けない姿だ。情けないが、とても美しい。

ご主人様の命令でその姿をしているという事だけが自分への言い訳や救いであるように、奴隷は主人に頼るしかない。

主従関係は、その絶望を含めて快楽となる。とはいえ、信頼できる主人でなければそれらはすべてリスクに変わってしまう。

 

実際に首輪を着けられた世界はとても綺麗だ。

心から楽しむには、細心の注意を払って踏み込んで欲しい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-日記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハプニングバーってこんなとこ

  SMでの出会いの場の一つとしてハプニングバーがある。ある、とは言ったものの得体の知れない店であることは間違いなく、未経験の方からすれば敷居も高いだろう。 最近あまり行かないが、僕も時折東 …

no image

休みの日が終わる

  休みの日が終わる。 僕の生活のサイクルは、基本的には会社員としての生活でスケジュールが決まる。 夜の時間や土日祝日を使って原稿や依頼された記事を書き、作家としての仕事を全うする。 この話 …

クドリャフカと目覚まし時計

  執筆の関係で、深夜まで作業をしなければならない時がある。 普段はあまり夜更かしはせずに朝の早い時間から活動をするのが日課となっているが、時折深夜に作業を集中させる。 真夜中の雰囲気がとて …

感情論

  このブログを通して知り合った女性と調教をしたり、飲みに行ったりした時によく言われる事がある。 それは僕の文章には感情があまり入っていないということだ。自分も参加しているはずの調教とセック …

no image

奴隷にするための準備

半年くらい前の話。 現在勤めている会社で仲良くしてもらっていたYさんが転職し、スイスに本社のある某食品メーカーに転職をした。 彼が転職をしてから2か月程経ったある時、新しい仕事も落ち着いてきたからとい …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。