注意喚起

その人はご主人様じゃない

投稿日:

今回の記事は強い注意喚起になる。

とはいえ、僕も自分の信頼性を表明できるわけではないので、これからご主人様を探す女性はこんなパターンもあるということを参考にしながら読んで頂ければ幸いだ。

男性にとっては苦々しい内容かもしれない。

 

当ブログに多い悩み相談が下記の3つである。

  1. 自分がMなのかわからない
  2. ご主人様候補の男性とのやり取りについて
  3. 現在の主従関係についての悩み

文言や状況は十人十色だが、今回は2について書きたい。調教未経験の女性からの発信が多い相談内容だ。

このステップの女性は、不安を覚えながらも主従関係を結ぶために行動を起こした女性である。

リスクを認識しながら、電話やメールで候補となる男性とやり取りを行う。中には実際に会ってみる女性もいるだろう。

SとM、ドミナントとサブミッシブとして二人は会うが、多くの場合は男性の方が経験者である。男性側は「主従関係を知っている者」として女性に自身の価値観や行ってきた調教について話すだろう。

 

ここで、女性に特に注意して欲しい点がある。

 

この時に男性が話す「調教とはこういうもの」というのは、あくまでその男性の感想や価値観でしかないというものだ。

ドミナント男性の中には自身の価値観を過度に一般化する人間がいる。

「奴隷には○○といった命令を日々与える。それに答えられなければ奴隷としての覚悟が足りない。お前がやりたいのはお遊びか」

確かに、この言葉でM心を刺激される女性もいる。しかし受け取る女性側の求める度合いも様々だ。

ただでさえネットから知り合った人物に対して恐怖心がある中、何も知らない女性は初めてやり取りをするS男性が正しいように見えてしまう場合もあるだろう。

それにより、男性の話す過剰な内容までは求めていない(覚悟のない)女性は自分はMではないのではないかと迷ってしまう。

結果的に、SMや主従関係を経験する機会を失うことに繋がる。

過剰な要求の具体例としては信頼関係のない状態での個人情報の開示、私生活への介入、身体改造(刺青・ピアス等)、無責任な中出しといったものがある。

どれも充分に構築された関係の中ではお互い納得の上で見かける光景だが、最初からそれを当たり前のように求めてくる男性ははっきり言って危険だ。

ただこの話には例外がある。

元から自身のサイトやSNSで上記のような内容を前提としている事を発信している男性に対し関係を希望した場合、そこから先は女性側にも大きな責任がある。また上記のような内容にこそ性的欲求を満たされる女性がいるのも事実だ。

男性側がリスクを提示した上で関係を結ぶのは、自己責任の意味合いが通常よりも強いということは改めて理解しておこう。

 

男性側が自身の調教スタイルとして「こんな関係・プレイを求めている」と語るのは良い。女性側はそれを聞いた上で自身の求めるものに近いのか判断したらいいだろう。

嗜好やNGについては、主人として好きになった相手であればいずれ主人側の嗜好に寄っていく場合が多い。NGがNGでなくなる日が来ることもある。

 

相手を選ぶ時に最も重要なのは信頼できるか・身を委ねられるかである。

それが大前提にあり、どんな主従関係になるかはその先の話だ。

信頼して関係を持った結果、自分が求めるよりもドミナントとして足りない場合もあるだろう。しかし危険を感じながら主従関係の世界に飛び込むよりはずっと良い。

男性にとっては残念な話だが、初めての「ご主人様」との期間を経てから結果的に長く付き合うことになるご主人様と出会う女性もいる。経験をすることで、未経験の時よりもずっと相手を探す基準が明確になる。

もちろん、お互いに初めてのパートナーがきれいに噛み合って良好な関係を築ける場合もある。

今回の記事で伝えたいのは、初めて接したS男性の話をサディスト・ドミナントの常識として安易に捉えないでほしいということだ。

 

パートナーになることが期待される男性とのやり取りで悩んだ場合、当ブログの悩み相談やSNS等で知り合った同姓のMの方に相談してみても良いかもしれない。

一人で悩んでも、恐らく解決はしない問題だと思う。

ご主人様候補の男性と会うことは、少なからずリスクがある。

関係を結んだ後にも望んでいない無理な要求が続く様なら、残念ながらその男性は貴女のご主人様ではないかもしれない。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

 

-注意喚起

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

それぞれの主従関係

  僕は長いことSMや調教と呼ばれる行為を続けてきたが、基本的に自分と相手の女性の1対1の状態で行為をする。 それはホテルの密室であっても外での調教であっても変わらない。その時調教している相 …

SM・主従関係に関する情報の受け取り方

僕は従者と調教やSM以外の話をしているのが好きだ。 本や映画や、思考や嗜好についての何気ない話で時間を埋めていく。 面白い友人の話や会社であった出来事など、何も特別ではない話題が何故か特別に感じられる …

欲求と行動のバランス

僕は文章を読むのも書くのも好きだ。 誰かが書いた文章で感銘を受けることもある。それは活字化した名作だけではなく、メモの切れ端やブログの一文といった場合もある。 感情や頭を使って紡がれた言葉は美しいと思 …

no image

こんな男性が多いので注意

  注意喚起の記事を書くと都度「自分は違う」と言っている様で本意ではない。 しかしこのブログはM女がより純粋に性生活を楽しめるように書いている為、今日もまた気になったことを書いていきたい。 …

SNSに見られる、突然別れる主従パートナーについて

SNSに見られる主従パートナーについて書きたい。 ある日、糸が切れたように主従関係の終わりを知らせる投稿が流れてくる事がある。 ほんの2日前までは主への感謝や尊敬を発信しており、周りからの祝福も…なん …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。