日記

ウイスキー・オン・ザ・ロック

投稿日:2017年9月3日 更新日:

年々好みの酒の種類が変わってきており、最近はウイスキーばかり飲んでいる。

学生時代は本当に酒が弱く、ビールも駄目、ワインも駄目、缶酎ハイかカルア・ミルクばかり飲んでいた。

ビールに関しては今も苦手で、いわゆる「飲み会」での乾杯ビールを回避する方法にいつも頭を悩ませている。

30歳になった今、酒に対して変化したのはアルコール耐性ではなく好みだと、思う。

最近はもっぱらウイスキーを好む。

ストレート・水割り・オン ザ ロック・トゥワイスアップなど、同じウイスキーでも飲み方が様々で、その日の気分次第で飲み方を変えることができる。

好きなウイスキーの風味を感じつつ、酔い方を調整できる。

最近はパーティに招待されることも多いので乾杯はシャンパンになることがほとんどで、非ビール党の僕からするとかなり助かっている。

会社員をやったり、本を書いたり、女性を縛ったり。

頭を切り替えながら色々なことを楽しんでいるが、それぞれは血管で繋がっており、そこを流れるウイスキーがそれぞれの情報を伝搬する。

年々遊び方が増えていくことが楽しい。

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラストシーン

先日、ある女性と会話をしている時にフラッシュバック的に思い出した話がある。 それは僕が初めて書いた小説についてだ。 「作品」として賞に応募し始めたのは大学生になってからだが、中学生の時に発作的に小説を …

奴隷の努力は当然ではない

主従関係においてどちらが努力をしているかと言われれば、それは間違いなく従者であると思う。 主となる男性が何も努力をしていないかというとそうではない。ただ我々S男性側は(少なくとも僕は)関係の維持におい …

恋人がいる女性がご主人様を求めることについて

以前にも触れた事があるが、彼氏のいる女性が調教希望の連絡をして来る事がある。 浮気は一般的には不誠実だし、愛する恋人がいるのに何故…と考える思考回路は社会的にはきっと正しい。 しかしそんな連絡をくれた …

祈りと幸福

調教を受けると世界は変わる。大層な話だが、そう的外れでもない。   ほとんどの人は成人を迎える時点で、自分なりの物差しを持っている。 常識を理解しているし、常識が果たす役割も知っている。大抵 …

no image

雨ごしに見る地球

  僕はよく「価値観」という言葉を使う。 それはその時々の自分を定点観測するための測器でもあるし、人によってその物差しは「成長」とか「成功」とかそういった言葉を用いるのかもしれない。 言葉に …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。