日記

女性がMだと見抜く時

投稿日:2018年1月10日 更新日:

 

前に運営していたサイトから合計すると、これまで沢山の女性と関係を持ってきた。

その中には奴隷体質で最初から調教に溺れる女性もいるし、恥ずかしがって最初の頃は調教にならない女性もいる。

性格や嗜好も様々で、調教をしながらその子に合った内容を考える事が楽しい。

基本的にはこういったサイトの募集に対して連絡を頂ける方々なので、調教に対して積極的な女性が多く、スムーズに主従関係を築ける場合がほとんどだ。

そういった女性との関係は本当に充実した時間になる。

その一方で、このブログとは無縁の場所で知り合う女性もいる。

仕事の関係、友人関係、夜の街で。

そのような場所で知り合った女性は、僕が作家である事も知らなければ性的嗜好も知らない。

あくまで、普通の社会人としてコミュニケーションを取る。

やり取りをしている中で、相手の女性がこちら側のジャンルだと気づく事がある。

それは本人が自覚しているにしろ無自覚にしろ、やがて経験則から確信めいたものへと変わる。

カチリ

と、頭の中で歯車が噛み合う。

その女性を誘うか、立場や関係を考慮して只の知り合いという立場を貫くか、会話しながらいつも迷う。

もちろんいきなり「奴隷になれ」と話す事はない。

会話や仕草の節々に現れるM性をひとつひとつ確認し、やがて自分の中でオンオフをつける。

そして女性側がこちらに興味を示したタイミングで、話を切り出す。

切り出すまでに行った細かな確認作業を、ひとつずつ回収していく。

その作業は小説の中に散りばめた伏線の回収に似ていると、僕は思う。

一般の女性は「奴隷になりたい」とは言わない。しかしそれに変わる言葉や表情が現れる。

最近、ブログとは無縁の場所で面白い女性と知り合った。今は只の知人という関係だ。

しかし彼女は、きっと良い奴隷になる。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主人が奴隷にできることは少ない

主人が奴隷にできることは、実はとても少ない。 調教を受けたことのない女性の多くは「きっと調教を受ければ今まで誰にも言えずに求めていたものに出会えるだろう」「新しい自分に出会えるかもしれない」そう考えて …

二つの世界

このブログでは普段、M女性が危険を回避する為の警鐘のような記事を書いている。 無作為にメッセージを乱発したり、始めから主人であるように振舞う「勘違い」S男について記事にしている。 それらの記事を男性が …

no image

肉体的な責めは手段でしかない

  自分にとって相性のご主人様とはどんな人物か。言い換えれば、M女が幸福になるS男性とはどんな人物か。 今回はその点に言及したい。 ネットで、リアルで、出逢いのきっかけは様々で、知り合ってか …

no image

M女に見せたいもの

  数か月振りの更新になる。 ブログこそ更新していなかったが、代わりにしばらく会っていなかった人々と会う機会を多く設けた。 会社関係、出版関係、奴隷たち。 継続して関係を持っていた奴隷たちと …

ただのセックス

直近は文筆の作業がとても多く、なかなか記事を書く時間が取れない。 気分転換的に短く更新をしたい。文章も整わないかもしれない。   従者に調教を行う時、僕は肉体的にハードな調教を選ばない。 そ …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。