調教記録・体験記事

アンバランス(まりえ 22歳)

 

久しぶりに調教の記録を綴る。現在ブログのヘッダー画像になっている奴隷について。

このブログから問い合わせをしてきた22歳の女子大生、まりえの調教について書く。

まりえは都内の女子大に通う四年生で単位も取り終えており、初めて連絡をしてきた頃は卒業まで時間に余裕のある時期だった。

男性に無理やり襲われた経験のあるまりえは、警戒しながらも僕に連絡をしてきた。男性への恐怖と調教への興味を天秤にかけ、後者が勝ったタイミングだったのだろう。

LINEと電話を繰り返し、僕とまりえは信頼関係を構築していった。中々都合が合わず、初めて連絡をもらってから実際に会うまでに2ヶ月弱かかった事が今回は奏功したのかもしれない。

仕事で栃木にいる事が多かった事もあり、初めての待ち合わせ場所は大宮にした。

待ち合わせ場所には、事前に送ってもらっていた写真そのままの童顔の女性が現れた。

二人で個室の居酒屋に入り、わかりやすく緊張したまりえをリラックスさせる為に様々な話をする。緊張がほぐれてきたまりえは、笑顔を見せながら相槌を打った。

そして、少しずつ調教を始める。

僕らがいた個室にはドアに小さな窓があり、通り過ぎる人からわずかに中が見える程度だった。

まりえの身体にソフトタッチをし、まりえのMのスイッチが入ったあたりでリモコンローターを取り出した。

恥ずかしがるまりえの脚を開き、リモコンローターを挿入する。まりえは薄暗い室内でもわかるくらいに顔が紅潮している。

それから店を出るまで羞恥調教を行った。店員が来たタイミングでスイッチを入れたり、何分もつけっぱなしにしたりした。

うつむきながら耐えるまりえが高まった頃を見計らい、会計を済ませて店を出る。

ホテルに入ると、座っている僕の前にまりえを立たせて服を脱がせる。

幼い顔、くびれた腰つきにはアンバランスな豊乳が露わになる。この身体を好きな男性は多いだろう。

これからまりえは、恵まれたこの身体を主人への奉仕のために使うのだ。

首輪とリードをつけたまりえに、僕の身体の隅々まで匂いを嗅がせ、舐めさせる。僕の匂いを嗅いだだけで発情するように躾けていく。

見込んでいた通り、まりえは一心不乱に僕の命令を守った。

這いつくばりながら足の指一本一本に奉仕するまりえを見下ろしながら、まりえはきっと抜け出せなくなると思った。

調教希望の女性はこちらへ

 

-調教記録・体験記事

© 2021 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5