日記

奴隷によって関係の保ち方は異なる

投稿日:

奴隷によって関係の保ち方は異なる。

それは連絡を取る手段であり、調教の内容であり、叱り方や褒め方に現れる。

そもそも、奴隷である以前に女性としての人格がある。その特性は個々に大きく異なるので、いつも同じような方法で一緒くたに扱うと歪みが生じるのは当然だろう。

御主人様から施された調教を、誇らしくSNSに投稿する女性もいれば、完全に秘事にしたい女性もいる。

それらの価値観に上下はなく、並列した価値観であることを認識しておかなければならない。

御主人様との結び付きを自信を持って発信したいと思うことは素晴らしいし、自分の中だけで大切に閉まっておくのも素敵だと思う。加えて、御主人様の方針もあるだろう。

奴隷の性質を知ることは、奴隷をストレスから守る上で非常に重要となる。また、調教の上でも奴隷の性質を知っておくことは快楽を高める指針の一つになるだろう。

女性としてのそもそもの性格、奴隷としての願望、嗜好、御主人様との距離感、恋人・配偶者の有無、性体験への考え方、過去の経験、身体的なコンプレックス。

できるだけ多くの情報を理解しておくことが、今現在のその奴隷に対する最適解に繋がる。

奴隷が隠したいことを暴くのではない。話したいと思える関係を作るのだ。

奴隷の様々を理解しておくことで、その奴隷が最も求めている調教を導き出せる。調教のスタイルは主人それぞれで、あえて自分のスタイルを崩さない男性もいる。

僕はその女性が最も辱めを感じ、屈辱感を得るような調教を選ぶ。

例えばもともと人前で裸体を晒すことに抵抗の少ない女性に対して全裸になることを命じても、その女性のM性には響かない。その場合は裸よりも恥ずかしい格好をさせることがその女性に羞恥を与える(もしくは裸になってはいけない場所での露出を命じる)。極端に簡単な例を挙げればそういうことだ。

普段人から美しいと褒められるような女性に、恥辱で我慢ができないような恥ずかしい格好をさせることもある。その女性何を求めていて何を求めていないかを知ることで的を得た調教を行うことが出来る。

主従関係は男性がしたいことをするだけでは続かない。

調教も、発信の仕方も、日々の管理も、奴隷ごとに大きく異なる。

やりたいことを押し付けるのではなく、まずは女性に対して真の欲求を傾聴することが大切だ。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

毎日忙しく生きたい

  お酒を飲む時、仕事について話をすることが多い。 現在僕は二足のわらじを履いており、コンサルタントと作家業という全くの異業種を両立している。 異業種だが、片方が作家業だからこそ成立している …

no image

さよならの場所

  僕のところには日々、沢山の女性からの問い合わせが届く。 その中でやり取りが続き、実際に会って主従関係を結ぶ方、さらに継続して関係を持つ方というのは限られてくる。 一度会って調教を経験した …

no image

初心者M女がパートナーを探す前に考えて欲しいこと

  多頭飼いを否定的に捉える人は多い。   ブログをご覧頂いている方はご存知の通り、現在僕は数多の女性を調教している。 その姿勢に対して「やりたいだけ」といった意見もあるが、やりた …

主従関係のために学ぶべきはSMや調教ではない

主従関係のために学ぶべきはSMや調教ではない。 SNS上には沢山の「ご主人様」が溢れている。ご主人様を自称することは自由だし、実際に女性の調教経験があるS男性もいるだろう。 そもそも僕も日々偉そうなこ …

no image

M女向けの調教ブログを立ち上げました。

はじめまして。管理人のmukuroと申します。この度新しいサイトを立ち上げました。 初の投稿で「新しいブログを立ち上げました」と書かせて頂いた事には理由があり、元々僕は別のサイトを管理しておりました。 …