S男性の気持ち・思考 日記

奴隷について考えるということ

投稿日:

調教の方法は主によって異なる。

故に、調教を経験してみたい女性はパートナー探しに苦労をする。

自分が経験してみたい事もよく理解できず、何をされるかわからない男性とネットから出会うリスクも取りたくない。

それは当然の感性であって、「Mなんだからとりあえず命令を聞け」と迫る男性とは縁を切った方がいい。

 

その女性が本当に望むものは何か。

 

例えばSNS等で「縛られてみたい」と女性が書き込むと、有象無象の男性たちが緊縛を申し出る。有力な者もいれば、実際には経験のない者もいるだろう。

しかしそういった表面化した願望にのみ飛びつく男性で、あまり良い人物に出会った事はない。

その女性が本当に望むものは、吐き出せずに身体や頭の中に内在する可能性がある。もしくは自分では気づいていない事も少なくない。

僕が主張したいのは、主従関係を持ちたいと願う男性は女性の願望や欲求を理解する努力をしなければいけないという事だ。

「縛られたい」「叩かれてみたい」

そんな端的な言葉を結論だと思ってしまうのは早計だ。その女性を支配したいのであれば、誰よりもその女性の事を考えなければならない。それは単頭であっても多頭であっても変わらない。

ソフトSMやアブノーマルなセックスを経験してみたいといったシンプルな欲求もあるだろう。しかし「ご主人様」を求める女性はインスタントな性を求めてはいない。

 

僕はその人にあった調教をするという旨を何度か記事に書いているが、それは「その女性が希望しているプレイをする」という意味ではない。

その女性が最も屈辱的で惨めで恥ずかしく、奴隷としての快楽が得られる方法を選ぶ。

何もしない事がその女性を最も辱める事になるのならそれを選択する事もある。

無論、調教前に確認しているNGプレイは行わない。NGを主張する事は(特に主従関係の初期では)奴隷側の権利だし、こちらへの信頼を著しく損なう。

NGに関しても感じ方は様々だ。

男性側からすれば「そんなこと?」と思うような事も、その女性にとっては重大なNGである場合もある。

経験が増えると、経験が浅い方の不安を見誤る事がある。相手は何を不安に感じるか、何を快楽に感じるか。

 

物事の捉え方•認知の仕方は人によって異なるという事を、いま一度理解して欲しい。

S側の性癖や欲求を押し付ける事が主従関係ではない。結果的にそれがM側の快楽に繋がる事はあるが、調教を行う男性は女性のために思考を続けなければいけないだろう。

 

「考える」ことは相手を大切に扱うことに繋がる。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-S男性の気持ち・思考, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【調教・主従関係】御主人様の探し方 まとめ

最近このブログを読んで下さるようになった方もいると思うので、SM調教・主従関係における御主人様(パートナー)の探し方について整理をしておきたい。 注意事項なども記載しておくので、常に危険が潜んでいるこ …

銀河鉄道の切符

家の本棚に、ボロボロになった本がある。 僕は比較的持ち物を綺麗に扱うが、二十年近く持ち歩いて来たその本はかなりくたびれてしまっている。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」という文庫本だ。 ひとり旅に行く時は、 …

全体は部分の総和ではない

「全体は部分の総和ではない」 これは学生時代に学んでいた心理学の中で出会った言葉で、当時あらゆる事象に共通する真理であるような感銘を受けた。 言葉の解釈については個人差が認められるが、簡単に言うと「部 …

自由は拘束の中にある

「ずっと奴隷になってみたかったんです」   関係を結んだサブミッシブ女性の口から安心したように発せられる言葉だ。   誰にもできない告白だったのだろう。   社会的に成功 …

no image

当ブログで主従関係を結んだ場合の流れ

  前回からブログ更新を再開したこともあり、現在複数人の女性から調教希望の連絡を頂いている。 最近このブログを見て頂くようになった方もいると思うので、改めて当ブログから調教を経験する場合の流 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。