日記

恋人がいる女性がご主人様を求めることについて

投稿日:2019年12月7日 更新日:

以前にも触れた事があるが、彼氏のいる女性が調教希望の連絡をして来る事がある。

浮気は一般的には不誠実だし、愛する恋人がいるのに何故と考える思考回路は社会的にはきっと正しい。

しかしそんな連絡をくれた女性と話していると、彼女たちはとても純粋にSM調教への興味を示し、恋人を決して軽んじていない事が伝わって来る。

好きだからこそ、切り分けたい。

すべてはこの感覚に起因する。

パートナーがいながらアウトソーシング的に主を求める理由として、現状の恋人との関係を同じ距離感で保ちたいという気持ちがあるように思う。

ノーマルな性癖の彼氏に自分の被虐癖を打ち明ける事や、特殊行為を求める事。また中途半端に相手がのって中途半端なSM行為をされては、気持ちが冷めてしまうかもしれない。それは彼氏を愛し続けたいという女性からすれば不本意だろう。

行為により好意は変動する。

大好きな彼氏とのセックスの相性に悩んだ女性は少なくないだろう。

男性から女性へのセックスの評価は、ある意味では行う前から決まっている。好みの見た目やスタイルであればその女性とのセックスは行う前から高評価になりがちだし、加えてフェラや膣の締まりの相性が良ければ男性にとって女性は「セックスの上手い女」になる。

射精をした瞬間に細かな障害だったものはすべてリセットもされる。

対して女性は、ベッドインへの運び方、かける言葉、息、体温、愛撫、セックス後の雰囲気など男性より遥かに多くの感覚を以ってセックスとしているように思う。

二人の男女がセックスをしていても、それぞれ全く異なる行為をしているとさえ思うのだ。

論旨を整理したい。

僕が思うのは、それだけ恋人とのセックスを大切にしている女性が他人に調教を希望するというのは、軽い気持ちではないという事だ。

もちろん世の中には好きでもないのに何となく付き合っているカップルはいくらでもいる。

しかしこのブログを立ち上げてから調教を希望してきた女性のほとんどは、彼氏をとても大切にしていた。

罪悪感と好奇心を天秤に掛け、好奇心が掲げられた時に僕に問い合わせをして来たのだと思う。

調教を受けてみたい、奴隷として扱われてみたいというのはその女性の権利だ。権利でありながら、非常に満たしにくい願望である。

僕は調教希望があった女性を恋人から引き剥がそうとはしないし、恋人関係で相談があった場合にはニュートラルに対応をする。女性側に肩入れし過ぎて正常が判断が出来なくなるような事は避ける。

恋人との距離感を大切にしたいからこそ、外にパートナーを求める。

非難もあるかもしれないが、その判断を尊重したい。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキング

-日記

執筆者:


  1. chika より:

    夫と子供ありで、妻として母として専門職として寝ている時以外、頑張っている日常を過ごしていて、最近、SMのような非日常(妻でも母でも職業人でもない、ただの女)を求めています。
    先月からSNSでお話している方がいて、私の嗜好や感覚をとても丁寧に聴いて下さり、夫とのsexでは満たされないものを満たして頂けるのではと期待しています。
    家庭を壊すつもりはないけれど、精神安定剤としてSMをしたい。
    私の中ではSMプレイとsexは全く違うものなので、分けて考えています。
    プレイで挿入や射精をしたとしても、そこに至る過程、感覚、感情全てが違うんですよね。

    私が楽しく元気に日常を生きるために、SMという非日常を取り入れたいと思いますが、ほんのわずか迷いがあり、拙い文章ですが書かせて頂きました。

  2. mukuro より:

    chika 様

    コメントを拝見致しました。
    記事にもある通り、僕はすでに人生のパートナーがいらっしゃる方の他所での主従関係を否定はしません。ご家族への愛情も真実なのだと思います。
    ただ気をつけなければいけないのは、お相手(主候補)がchikaさんの環境をよく理解して下さる方かどうかだと思います。
    相手が配慮のある方であれば、SMは良い刺激になると思います。反対に自分との関係を優先するような男性であればchikaさんの私生活に影響を及ぼすと思いますので、ご留意下さい。

  3. chika より:

    返信ありがとうございます。
    旦那とレスでない事や家族のこともお相手に話しました。「子どもの事を1番に考えてね」と仰い、「家庭がある事を申し訳なく感じる必要もないが、一緒の時は忘れてもらうよ」と言われました。

    今までと同じように旦那に求められて、私は変わらず相手が出来るのか。
    産後、する気になれないのに相手した時ように心がすり減る思いに耐えることになるのか。
    レスになるのか。
    自分の心境の変化に伴う変化に責任をもつ覚悟がいるなぁと思っています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰が誰を調教するのか

「奴隷を一人貰えませんか?」 先日、こんなDMが来たとTwitterに書き込んだ。 今回取り上げてツイートしたが、このような問い合わせは実は高い頻度で送られて来る。 この言葉に対しては様々な思いがある …

きれいごと

主従関係に対しては千差万別の価値観がある。 「誰でもいいからとにかく誰かを調教したい」と喚き散らす男性。そんな男性を批判する女性。そんな女性に文句を垂れ流しながらも「もしかしたら…」が拭えずに接し続け …

no image

よくある質問への回答

  調教希望の連絡を頂く中で多い質問があるので、今回は記事として回答したい。 ■写真を含む情報の流出が怖いです。 最も多い問い合わせがこれだ。こちらに関しては、僕の嗜好をお話しておきたい。 …

no image

踏み出す勇気

  僕は何人かの女性を持ち、女性については関係を解消したり新たな関係を構築したりを続けている。 このブログと、前のサイトからの問い合わせが定期的に僕のメールフォルダに届けられ、お互いに条件が …

マゾヒズムとサブミッシブの違い

マゾヒスト・サブミッシブの女性の心理について、もう長いこと思案をしている。 自分の奴隷の心理を理解したいし、純粋にそれらの心理状態に興味があるのだ。 大学の講義や書物から得た情報の他に、自分自身が奴隷 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。